染料を使った私的ブーム ポリ塩化ビニル サンダル編 Part,2

夏休みあけましたみなさんはお休みはどう過ごされましたか??

私は、この暑さにやられて夏休みに計画していたことの3分の1位の計画達成度でしたー
でも睡眠をたくさんとって、休養はバッチリできたかなー

夏・8月も後半戦に入ってきましたが、まだまだ暑い日々ですね。
ニュースで来週から少しづつ涼しくなると聞きましたが
この暑さなので、なんとも疑わしいですねしかしながら涼しくなることを祈るばかり
来週を少し楽しみにしています。

さて、本日のブログでは、前回のつづきです。
巷でよく見かけるポリ塩化ビニルのサンダルの染色編です。
早速、染色手順みていきましょう!!

↓これを染めていきますよ



マルチの07 Coffee 2缶で染色していきます



けっこう重みがありますね。

1、まず中性洗剤で汚れを取るために手で洗います。
硬いブラシなどで洗うと、表面に傷がついてしまいます。
傷があると、染色後に目立ちますので、やさしく洗いましょう。

2、染料2缶をボールに入れ、約500ml〜1ℓの70度位のお湯で溶かします。



3、染色を行う鍋(サンダルが入る位の大きさ)にお塩30gと70度位のお湯約7ℓを入れ溶かし、
2で溶かした染料を鍋に入れ、混ぜます。



4、鍋を弱火にかけて、サンダルを入れ、混ぜながら攪拌します。
熱いので泡だて器や、棒などで攪拌してください。



5、時々サンダルの色の変化を確認しつつ染色していきます。
今回は約10分程で好みの色になってきたので、取り出しました。
(個々に染色時間に差がありますので、お好みのお色になったら取り出してください。)



6、取り出したらお水ですすぎ、タオルで拭いて出来上がりです。



7、完成!!



茶色と、赤がうまく調和して落ち着いた色になりました。
あまりにピンクー!!が主張していて、もう捨てようかと思っていたのですが、
蘇りました。秋がくるまでしっかり履きたいとおもいまーす


次回もダイロンブログお楽しみに









染料を使った私的ブーム ポリ塩化ビニル サンダル編

 今日は、雨が降ったり晴れたり変わりやすい天候ですね
折りたたみ傘が欠かせません。

今週はあっという間でしたが、やっと金曜日
疲れているんだけど、何かして帰りたい気分にいつもなるんですよねー
最近読み始めた本の映画が今日までの公開で、仕事帰りに行こうか、未だに考え中です

さて、今年は節電の夏ということもあって、はやく夏休みを取られている方も多いかと思いますが、
ダイロン・カラーセンターは8月10日〜16日まで夏期休暇となります。
9日の午後3時以降〜休暇中のご注文・ご入金を頂きました場合、17日から順に出荷して参りますのでご了承ください。夏期休暇中はブログもお休みになりますので、よろしくお願いします


本日のブログは、染料を使った私的ブームと題してお送りします。

最近の私のブームはマルチを使ったサンダルの染色。

最近では、もう定番となっているポリ塩化ビニルのサンダルを染色してまーす。

↓染める前。POPな色なので、もっと大人っぽい色にしたいなーと



↓マルチ 07Coffee で染めた後。大成功。かなり大人風。



漬け置きではあまりお色がつかないので、煮染めで染色してますよ

去年染色したのがこちら↓元が透明のサンダル。透明だけに汚れが目立ちます。



染色後↓マルチ19Deep Blueで染色しました。生まれ変わりましたー




サンダルは今回が2回目の染色ですが、もう捨てようと思っていたのに、2足とも蘇りましたよ

また新しい気分で、同じものを使用できるのが嬉しいですよね。

休み明けの次回は染色方法をアップしていきますのでお楽しみに。

それではよい夏休みを















夏らしい染色技法特集 (さんかくPart.2)

今日は変な天気でしたね。
午後いきなりの雨

一時期よりも少し涼しくなった気がします。
気温の変化についていけないですよね

体調を崩しがちな気候ですので、みなさんお気をつけてくださいね。
疲れたな~と思ったらゆっくり休むことが重要ですね


さて、今日は前回にひきつづき さんかくのTシャツ染め。
Tシャツの折り方からやっていきましょうね。

まずTシャツはオシャレ着用の中性洗剤でお洗濯して乾かしておきます。

1、Tシャツを机の上に広げます。
  下の方から折っていきます。まず上に一つ一折りします。



2、次に下に一折りします。交互に折っていきます。



3、最後まで折るとこうなります。



4、次に、一本になったTシャツを脇からさんかくになるように折っていきます。
まず上に一折します。



5、上、下、上、下、と交互になるように折っていきますよ。



6、最後まで折るとこうなります。輪ゴムで2か所留めます。



7、さてTシャツをゴムで結わいたらFIX20g(2袋)+塩60g+2ℓ(40℃〜50℃)
の溶液に15分つけます。



8、コールド22 Sahara Sun1缶を500mlのぬるま湯(40℃〜50℃)に溶かして、
筆で塗ります。



9、塗ったら、サランラップに包んで、24時間放置します。



10、時間がたったら結んでいるままで濯ぎます。



11、輪ゴムをとってオシャレ着洗いの中性洗剤ですすぎます。



12、脱水して陰干しで出来上がりです。



折り目が模様となって面白いですよね

色々応用が利きますので試してみてくださいね。

次回も使える染色方法をお伝えしていきますよーお楽しみに











夏らしい染色技法特集 (さんかく)

 今日は蒸し暑いですね。。やっと金曜日ーーー!!!少しクタクタかもしれません。。。
みなさんもきっとそうですよね。。

そんな今日は、グレープフルーツジュース、最近はまっているアサイ入りドリンクを飲んで少し元気を取り戻しました 
ビタミンを取ると元気がでませんか??
飲んだ瞬間から目が大きくなるような気さえします。
これが私の救世主ですーーーありがとうフルーツ。

もう7月も終わりですね。なんだかあっという間の7月でした。
8月もかなり暑いでしょうねー。
がんばっていきましょう。

今月は夏らしい染色技法についてお送りしましたね。
ベタ染めもいいですが、模様をつけて染色もなかなか面白いですよね。
Tシャツなどは少し派手かもーと思う方も、少し抑えめのお色で家に眠っているエコバックを
模様をつけて染色するとなかなか面白いバックができたりするので、ぜひやってみてくださいね。

本日はまた新しい模様を紹介します。

↓ これは三角に畳んで染色したTシャツになります。



コールド 22 Sahara Sunで染色しました。

次回のブログでさんかくの畳み方と、染色方法をお伝えしますのでお楽しみにー

では、みなさんよい週末を〜

夏らしい染色技法特集(サークル Part.2)

 台風が過ぎて、また暑さがだんだん戻ってきましたね

家に帰ると、気がつくと寝てしまっていることが多いこの頃です。

しっかり休息して夏バテしないようにしていきましょう


みなさんは、夏を乗り切る策はありますか??

今年は節電対策の一貫としてご家庭で、
ゴーヤや朝顔などで緑のカーテンを作られている方もいらっしゃいますよねうちでも、早速取り入れていますよ。
見た目にも涼しげでいいですよね

本日のブログは夏らしい染色技法特集、前回に続いてサークル編です。
早速、実際に染色方法をみていきましょう

↓ これがPD26Ocean Blueで染色した子ども用Tシャツになります。 
1袋で約250g(おとな用Tシャツ約2枚)の繊維が染色可能です。



今回は子ども用Tシャツ1枚が50gだったので、1袋で5枚を染色していきたいと思います。

1、まずTシャツをオシャレ着用の中性洗剤でお洗濯して、乾かしておきます。

2、次に乾いたTシャツ、輪ゴム数個、を用意して、Tシャツを結わいていきます。



A,模様の円の中心になる部分を指で軽くつまみます。



B,そのまま上に引き上げます。



C,先の方から輪ゴムで縛っていきます。



D,順番に輪ゴムで縛っていきます。



3、生地を縛り終えたら、染液を作っていきます。

ボウルにプレミアムダイ染料1袋全てと500mlのお湯(40℃)を入れよく溶かします。





4、染める容器に塩250gと6ℓのお湯(40℃)を入れて溶かし、
そこに3で溶かした染料を入れよく混ぜます。







5、染液を作ったらその中にゴムで留めたTシャツを入れます。



6、時々やさしくまぜ、1時間染色します。



7、輪ゴムをつけたままお水で洗います。



8、ある程度お水の色が薄くなったら、輪ゴムをとってすすぎます。(洗剤はいりません)



9、脱水後、陰干しでできあがりです。

とっても簡単で、少し変わった模様ができますのでお勧めです。

夏にぜひやってみてくださいね

次回もお楽しみにーーー







夏らしい染色技法特集(サークル)

 台風が落ち着いてきたら、すごく涼しくなりましたねー。帰り道は寒いくらいでした
なんだか、秋のような気持ちになりました

明日からまた暑い日がやってくるようです

激しい温度変化に体もついていくのが大変ですよねー

体調を崩されないようにご注意くださいね


さてダイロンブログですが、今回は夏らしい染色技法特集と題してお送りしております。

本日はまた一つ、新たな技法をご紹介しまーす



サークル模様です。コールド20Radiant Pink で染色しました。

これは、輪ゴムで結んで染めるだけで、本当に簡単です。
つけ置きで染色しますので、コールド・マルチ・プレミアムダイで染色可能です。

一見タイダイ染め風ですが、タイダイ模様の様な生地の結わき方とは違ってきます

生地の結わき方、染め方については、また次回お伝えしていきますので
お楽しみにしてくださいね

それではよい週末を

夏らしい染色技法特集(豆絞り編Part.2)

 連休明けは、台風ですね

東京は、時々暴風で、雨も降ったり止んだりの繰り返しです。
湿度が高く、とってもジメジメしています

少し動くだけで汗がダーっと出てきませんか??

電車の中とか、満員電車だと、気になりますよね。
自分の周りの人とかに迷惑じゃないかと・・・焦る日々です


さて、本日のブログは前回にひき続き、夏らしい染色技法特集として、豆絞り編です。
涼しい柄ですよねー。



本日はこのエコバックの染色を紹介していきます。

1、まずオシャレ着用の中性洗剤で洗い乾かしておいたエコバックの
中にビー玉や、ボタンなどを入れて輪ゴムで留めます。



詳しいやり方はこちら↓



A,はじめに、水で落ちるチャコペンでどこに模様がほしいか点を描いてデザインします。



B,ビー玉を入れて輪ゴムで留めます。



C,1個だけやるとこんな感じです。


2、輪ゴムで留め終えたら、染液をつくっていきます。



今回使用するのはプレミアムダイの21 Bahama Blue
とっても夏らしいきれいなお色です

今回はエコバック1枚で染色しましたが、
プレミアムダイ1袋で約250グラム(約Tシャツ2枚分)の繊維を染色できます。
(このエコバックですとだいたい5枚位)




染液を作っていきましょう。



A,まず染料を容器にいれ500mlのお湯(40℃)を入れよく溶かします。






B、別の容器(染める容器)に塩250gと6リットルのお湯(40℃)を入れよく溶かします。



C、Bで溶かした塩の液の中に、Aで溶かした染料を加えて混ぜます。



染液ができましたー。

3、この中にエコバックを乾いたまま入れます。



4、15分間 染液とバックをなじませます。



5、時々やさしくかき混ぜながら、45分間漬け置きます。

6、染色時間が終了したら、輪ゴムがついているまま一度すすぎます。
 このとき洗剤はいりません。



7、ある程度濯いだら、輪ゴムをとってすすぎます。





脱水、陰干しで完成です。

なかなか簡単ですぐできますよー。

ぜひ一度お試しくださいね


次回もおたのしみに

夏らしい染色技法特集(豆絞り編)

 あつい。。。週の終りに近づくにつれて、疲労の方もMAXに近づいてきますね

さあー 土曜日から3連休です。みなさんは何か予定はありますか??

私は、下田の海水浴に行く予定でしたが、予定変更。
       → 結局、日帰りで箱根の温泉に行くことになりそうです。

せっかくの連休なので、自然に触れてリフレッシュできたらいいなと思っていまーす



連休なので、みんなで染色なども楽しいアクティビティとしていかがですか??

家庭用染料ですので、ご家庭で安心して排水して頂けますよ。


今月のダイロンブログは夏らしい染色技法特集としてお送りしています


本日は、豆絞りです。

↓ 作品例はこちら



プレミアムダイ 36 Tulip Red で染色




プレミアムダイ 21 Bahama Blue で染色


まず用意するものは、染料の他に、

お洗濯してノリや、汚れをとってあるエコバック(生地が薄い方が奇麗に模様が出ますよ)
輪ゴム 数個
ビー玉 数個
ボタンやおはじき 数個



丸の大きさや形は中に入れるビー玉や、おはじきなどの大きさによって異なりますので、
模様の大きさを均等にするには、同じ大きさのビー玉などをご使用ください。



↑ こういう感じに、ビー玉を中に入れ、輪ゴムで縛ってから染色をしていきますよ。

今回はプレミアムダイの21 Bahama Blue で染色です。



次回実際に染色していきますよ。 お楽しみに

よい連休をお過ごしくださいね











夏らしい染色技法特集(マーブル編 Part.2)

 暑い日々が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

以前は電車の中や、デパートなどのお店は、冷房ですごい冷えていましたが、
最近では、節電の影響でそんなに冷えすぎていないですよね。

夏は必ずカーディガンをバックに忍ばせて外出をしていましたが、
今年の夏はあまり活躍していない気がします
いい傾向ですね。

節電を心がけていきましょう


さて、本日は前回にひきつづき夏らしい染色技法として、
ムラ染めの染色を実際にしてみます
今回はコールド20 Radiant Pinkを使用した筆でぬっていくタイプの染色方法です。





簡単ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

はじめにTシャツはオシャレ着洗いの中性洗剤でお洗濯をして乾かしておきますよ


輪ゴムを数本用意して、布をくしゃくしゃに丸めます。







1,FIXの溶液:FIX20g(2袋)+塩60g+2ℓ(40℃〜50℃)をつくり
Tシャツを約15分つけます。





2、染料コールド1缶を約500mlのぬるま湯で溶かしておきます。

ボールで溶かしても、写真のように空きのペットボトルに染料をいれ、容器をふって、
溶かしてもOKです。


3、机の上にサランラップをひいて、FIX剤の溶液に漬けたTシャツの水気を少し切り、
のせます。筆で、染料を溶かした溶液を塗っていきます。



4、十分に塗って少し水分が染み出る位まで塗ります。



5、サランラップに巻き、24時間放置してしっかりお色を定着させます。



6、その後、お洒落着洗いの中性洗剤で洗って、脱水後、陰干しします。



とっても簡単で、大勢でもやりやすい染色方法かと思います。

ぜひこの夏トライしてみてくださいね。

次回もひきつづき夏らしい染色技法と題しておおくりします。
おたのしみに





夏らしい染色技法特集(マーブル編)

 やっと金曜日ですねー

今週は暑かったので、疲労がたまっている方も多いと思います。   
しっかり休んでくださいね


さて、本日のブログは前回にひきつづき夏らしい染色技法をお送りします。

今回はマーブル。言い換えると、ムラ染めですかね

染めるものをくちゃくちゃに丸めて、輪ゴムでまとめてから染色します。

染色例はこんな感じです↓



エコバック プレミアムダイ03 Tropical Green



Tシャツ コールド 20 Radiant Pink



布 プレミアムダイ 21で全体を染めた後、26 Ocean Blueでムラ染め染色

2色でムラ染めももちろん可能でーす。
その際は色と色が合わさった部分は違う色になりますよ

↓染色例はこちら



ピンクと青が混ざった部分はパープルっぽいお色になっています。
コールド 20 Radiant Pink,28 Riviera Blueを使用しています。

次回は実際の染色の様子をお届します。

お楽しみによい週末を









calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR