キャンバス地の染色 ムラ染めバック編

今日は晴れましたが、風が吹くとまだ寒い日々ですね。
そんな中、昨日久々にライブに行ってきましたー。

Corinne Bailey Raeの東京公演!!会場は渋谷AXでした。

ライブ後は言葉が見つからないくらいの満足感で、もう一回時間を戻したくなるような感覚でした
http://www.corinnebaileyrae.net/

私はオールシーズンいつも聞いていますが、これから暖かくなってくるシーズン休日にお家で聞くのもいいかなーと思っています。染色しながらでもいいかもしれませんね。

お勧めです

 

さて、本日のダイロンブログはランチバックに最適キャンバス地のムラ染め行っていきます。

完成品はこちら(染色後にカラーファンでステンシルしています)

 

綿・麻・レーヨンの生地を染色される場合で、

ムラ染め・タイダイ染めにはコールド(お水染め)が便利です。

コールドには、染料とFIX(定着剤)が別袋で入っています。

べた染めをする際は、染料を溶かしたものと、FIX・お塩を溶かしたものを合わせ、

そこにお水を足して染液を作りますが、ムラ染めやタイダイ染めをする際は

染料とFIXを別々に使用します。

 

今日のポイント

ムラ染めやタイダイ染めをする際は染料とFIXを別々に使用します。このやり方の方が模様がクッキリと染色できます

 

染色の手順は

1、お洗濯して乾かしておきます。

2、生地をくしゃくしゃと丸めて輪ゴムで止めます。

3、生地が入る容器に塩60gFIX1袋(10g)を40℃のお湯に溶かして生地を入れ15分間つけておきます。

4、ダイロンコールド(パウダー状)を小さじ1/2杯を200mlのお湯でよく溶かし、お好きな色2色準備します。

5、つけておいた生地を取り出して軽く水気を切ります。

4の染液を筆でたっぷり塗り、ビニール袋か、サランラップにくるんで、

24時間放置します。

6、輪ゴムをはずし、衣類用の中性洗剤でお洗濯後、陰干しして完成です。

 

次回は実際に染色工程を写真付きでお届けしますよ。

大きな容器がなくてもできるので、お勧めの染色方法になります。

何か作る際のアイデアにしてみてくださいね

キャンバス地の染色 バック編 Part.2

まだまだ寒いィ

寒い→暖かい→寒いを繰り返して春になっていくのですね。

この繰り返し結構体にきますね。。

今週の日曜日の最高気温は15度らしいですよ。

体調に気をつけてくださいね。

 

さてダイロンブログ、本日はキャンバス地バックをプレミアムダイ26 Ocean Blueで染色してみます。

写真のバックは染色後カラーファン12 Whiteを使用してステンシルしました。



左:プレミアムダイ26 Ocean Blue 
         右:プレミアムダイ55 Goldfish Orange)


 
今回のポイント

 

キャンバス地は生地が固くハリがあるので、

浸け置きや、攪拌の時に生地のシワを伸ばしながら染色しましょう。

シワシワのまま染色するとシワのところに染料が溜まってしまい、出来上がりに色の差がでてしまいますので気をつけて染色していきましょうね

 

前回は染色の準備までお届しました。

重さを量り、お洗濯して、濡れた状態にしておいてありますね。


 


さあ実際に染色していきましょう。

1、染料1袋を500mlのお湯(40℃)でよくとかします。





2、塩250グラムを6ℓのお湯(40℃)に溶かし染料を入れよく混ぜます。





3、染めるものを広げいれ、15分間しっかり混ぜます。
   (シワを伸ばしながら染液とよく馴染ませます。)





4、ムラにならないよう時々かき混ぜながら45分間浸け置きます。(この間も10分に1回位は様子をみてシワを伸ばしながら攪拌してくださいね。)



5、水洗いしてよくすすぎ、脱水後、陰干しして出来上がりです。



次回は今回染色したバックの上に
カラーファンでステンシルしていきます
ステンシルシートも作っていきますよ。
お楽しみにしてくださいね








キャンバス地の染色 バック編

3月にはいりましたねー

今月末にはサクラが咲き始めるなんてピンとこない位

寒いですが、あともう少しで春ですね!!

もう少しの辛抱。がんばりましょう

3月は入学の準備など新しい生活の準備をしている方も多いと思います。


今月のダイロンブログは天然素材の定番、綿のキャンバス地の染色をメインにお送りします。


お子様や、通勤される方のお弁当入れ等にキャンバス地のバックを使用されている方をよくみかけますよね。

          トートバッグナチュラル S


その他、上履きや、コンバースのスニーカーもキャンバス地が使われていますよね。

 
          【CONVERSE CANVAS ALL STAR】さわやかパステルミントのハイカットスニーカー CORLRS HI コンバース キャンバス オールスター カラーズ ハイカット【CONVERSE CANVAS ALL STAR】さわやかパステルミントのハイカットスニーカー CORLRS HI コンバース キャンバス オールスターのショップへ


少し汚くなってしまったスニーカーも染色で、新しいものに生まれかわりますよ

その上にダイロンカラーファンを使用して絵を描いてオリジナルのものを作るのもよし。

お子様用に上履きに左右の区別のためにワンポイント、カラーファンで書いてあげることで、愛着のわく可愛い小物が作れますよ
3月のダイロンブログお楽しみにしてくださいね。

さてさて、第1回目は、バックをプレミアムダイで染色してみます。その後カラーファンでロゴを入れてみましょうね。

仕上がりはこんな感じです。



(使用した染料:写真左から プレミアムダイ 26 Ocean Blue,
 中央 コールド 20 Radiant Pink 28 Riviera Blue、
  右 プレミアムダイ 55 Goldfish Orange)

まずは、染色の準備をしていきましょう!!

準備1
キャンバス地のバックの重さを量ります。
   →使用する染料の量が出ます。
今回はプレミアムダイ1袋使用していきます。
(プレミアムダイは1袋で250gの繊維を染めることができます。
プレミアムダイは1袋使い切りタイプになります。)

準備2
バックをおしゃれ着洗いの中性洗剤でお洗濯して濡れたままの状態にしておきましょう。


本日はここまでです。次回実際に染色していきますのでお楽しみにしてくださいね







 


重ね染め特集 クッション編 Part.2

みなさん今日はついに春が来た!!ような陽気でしたね。

最高気温はなんと20度だったらしいですよ。

風が強かったので、既にクシャミと鼻水が

これ、絶対花粉症じゃないかなと思いました。。。

すごく春を楽しみにしていたのに、これからは花粉とのバトルですね

 

さてさて、暖かくなると色々なことに意欲がわきませんか??

しばらく冬眠していた製作欲も最近すこしずつ復活してきた気がします。お休みの日に染色する際はぜひダイロンブログ参考にしてみてくださいね。

 

ダイロンブログ本日はクッションの重ね染め





(前にコールドのBahama Blueで染色した麻クッションです)

 

普段はお洋服を染色することが多いですが、インテリア小物のクッションカバーや、ベットカバーなどコットン系の物で作られているものが多いので、染色してみてはいかがですか??

インテリアが変わるとぐっとお家に帰るのも楽しくなりますよね。

 

さあ、実際に染色していきましょう。

クッションの重さが500gなので、コールドの51Greyを2缶仕用して染色していきます。
今回は、クッションが大きいので、シンクを使って染色しようと思います。フタをきちんと締めて下さいね。



1、コールドの染料を缶からボールにあけ、40度〜50度のぬるま湯(約800ml)でよく溶かします。



2、FIXを4袋と、お塩240gを別のボールに入れ、40度〜50度のぬるま湯(約1ℓ)で溶かします。(溶けにくい場合は、お湯の温度をあげるか、お湯の量を増やし、完全に溶かします)



3、染めるものがつかる大きさの容器に1と、2を入れ、お水を加えます。この場合、約11ℓのお水を加えました。(水量は、染める物が浸かり、少しかぶる位の水量がベストです)





4、オシャレ着洗いの中性洗剤で洗濯して、
濡れたままにしてあるクッションを染液に入れ約10分混ぜます。



5、
時々混ぜながら約50分つけ置きます。
(10〜15分おきに1回位様子を見て、よくかくはんする)



6、中性洗剤で水洗いしてから、良くすすぎ陰干しします。
(この際、最初はほどよく手で数回すすいだ後、洗濯機で洗っても大丈夫です。その後洗濯機は空洗いをしてください。)



7、
出来上がりました


かなりシックな感じになりました。理想です
元々が水色なので、青みがきいたステキなグレーになりました。
愛着がさらにわきましたー

今回で2月最後のブログになります。重ね染め特集はいかがでしたでしょうか??
3月もダイロンブログお楽しみにしてくださいね


重ね染め特集 クッション編

だんだん日差しが春らしくなってきましたね

今週の金曜日、東京では最高気温17度らしいですよ。

なんだか今から金曜日が楽しみです。

 

だんだん暖かくなってくると花粉症が気になりますよね。

今年は、去年の倍〜10倍!!という噂
そんなに花粉症気味でない私も心配です。

 

さて、本日のダイロンブログはインテリア小物の重ね染め

 

今回染色してみるのはこちら




100パーセントのクッション(写真左) 

 

以前、コールド23 Bahama Blueで染色してかわいいパステルカラーになっています


今回はもう少し、クールなイメージを目指したいので、
コールド51 Greyで再染色していこうと思います

 

クッションカバーが外れないタイプになっているので、クッションを丸ごと染色していきます。


クッションの中身にも染料が吸い取られていくので、
全体の重さを量り、それに対する目安の染料の量を使用して染色していきます。


 


クッションを乾いた状態で、測ります。約500gでした。

コールドは1缶で250gの繊維を染色することができます。

(黒のみ125gの繊維を染色することができます)

 

染料の目安の量出し方

染める物の重さ500g÷250g黒の場合は125g)=目安の染料の量が出ます。

今回は2缶使用していきますね

 

重さを測ったら次はおしゃれ着用の中性洗剤でお洗濯して、
濡れた状態にしておきます。

かなり大きいので、洗濯機で洗濯しました。



濡れている状態で染色した方が染液が浸透しやすくムラ防止に役立ちます。


逆に、ムラ染めをする際には洗濯した後に乾かしてから染色に入ります!!

次回は実際に染色していきますよー
いったいどんな感じになるか。予想は、絵の具のように水色とグレーを混ぜた感じです。シックな感じになるといいなー

次回もダイロンブログお楽しみにしてくださいね。 


重ね染め特集 カーゴパンツ編 Part.2

今朝、雨がすごかったですよね。
風が少し激しいがしますが、だんだんお天気回復してきました
今週末は晴天だといいですね

先週も寒かったので、ゆっくりお家で体を休めるの方も多いのではないでしょうか染色する際は、ダイロンブログを参考にしてみてくださいね。

さて、今回染色するのはこちら↓



テンセル100%のカーゴパンツ(テンセルはレーヨンと同じく再生繊維です。マルチ・コールド・プレミアムダイで染色可能です)

少しだけ色を濃い目にしてニュアンスを変えたいです

今回は実験的にプレミアムダイ80Antique Grey 1袋で染色していきます

(現在#80 Antique Greyは廃番となっております。)
どんな風に染色できるか楽しみです



乾いた状態で重さを量り(パンツ307g)、さあ、染色していきましょー

まず、衣類用の中性洗剤でお洗濯して濡れた状態にしておきます

1、染料1袋を500mlのお湯(40℃)でよく溶かします。







2、塩250グラムを6ℓのお湯(40℃)に溶かし染料を入れよく混ぜます。





3、染めるものを広げて入れ、15分間しっかり混ぜます。





4、ムラにならないよう時々かきまぜながら45分間浸け置きます。



5、水洗いしてよくすすぎ、脱水後、陰干しします。

6、出来上がりました



元のお色を生かしながらもパンツの色が濃くなった感じで染色できましたー!!


薄い色+薄い色を重ねることで、ニュアンスチェンジができるなんて嬉しいですよね


今回はパンツの重さが307g。
プレミアムダイ1袋で染色できる繊維の量は250gなので、
少し重さが目安よりオーバーですが、薄い色をつけたい程度なので大丈夫です

使用したお湯の量も通常は6.5ℓのところ8ℓ使用して染色したことで、通常のグレーよりも薄く染色できた為、このような結果になったと考えられます。

 

漂白剤などの色抜けの際の染色には、
いつも通り現在のお色よりも少し濃い目の色の染料で染色した方がカバーされる効果が高いです。

又、元から紺や黒などの濃色の場合で、色を補いたい為の染色は、
紺色なら紺、黒なら黒色の染料での染色がお勧めです。


たまには、実験的な染色も楽しいですよねー
時間がある時に、ぜひ染色してみてくださいねー。


重ね染め特集 カーゴパンツ編

先週末から東京でも雪がすごかったですよねー


週末は連休でしたが、のんびりできましたか??

 

私は、温泉に行きたかったのですが
予約など時間が足りなくて、結局都心のSPAに行ってきましたー。


池袋にあるTimes SPA RESTA です露天風呂がよかったですよ。

近場でこんなすっきりした気分になれるなんて、しばらく癖になりそうです

 

私は女性風呂のことしかわかりませんが、男性のお客さんもフロントでたくさんお見かけしましたよ。
きっとここのSPAは男性にも人気なスポットなのですね

 

 

さて、今月のダイロンブログは、重ね染め特集をお送りしています。

今日は、すっかり定番アイテムとなったカーゴパンツの染め変えをお伝えしていきます。


これです↓繊維はテンセル100% 

 

なんだかこのパンツ、生地も薄いせいか色もかなり淡くて、
夏のみの使用になっています。


もう少し濃い色になればもっと履ける機会も増えるのにーというのが悩みです。


あんまり色味は変えたくないけど、もう少し濃い目の色にしたいと思います

 

 

普段なら明るめのカーキ色を作るのに、マルチ34 Olive Greenとマルチ07 Coffee を混色して染色していますが、
今回はプレミアムダイ80 Antique Grey で染色してみます。

(現在#80 Antique Greyは廃番となっております。)


予想は、少しトーンダウンの効果と、染料をパンツの重さの目安の量よりも少量使用することで、もとの色よりも少し濃い目の色になるかな。という感じです。


次回、実際に染色してみますーお楽しみにしてくださいね。


重ね染め特集 鮮やか水色カットソー編 Part.2

今日もやっぱり寒いけど日中は晴れましたね
 

明日から連休の方も多いのではないでしょうか。

せっかくの連休も雪!!が降るかもしれない
大荒れの予報が出ていますが、

みなさん有意義にすごせるといいですね。

 

さてダイロンブログは明日のお休みの代わりに本日更新です。

休日にお家でモノ作りもいいですよね。
何かの参考になれば嬉しいです

 

今月は重ね染め特集!!本日は水色のニット染色してみますね。

素材はシルク75% ウール13% ポリウレタン12%



同系色での染色がお勧め染色後のブレも少なく無理ないカラーチェンジができます。

今回はマルチ17 Navyで染色していきます。

 
 

乾いている状態で重さを量り、染料の量をだしましょう。

→水色のニット1枚174g 

 

計算式:174÷250=0.696 0.696×5g(1缶約5g)=3.48g(目安の量)

1缶で約250gの繊維を染めることができます。黒の場合は約125gの繊維)

 

染色目安の量は、3.48gですが、濃く染色したいので今回は1缶使用していくことにします!!
 

 

さあ、染色していきましょう。

 

1、染める前に必ずお洗濯して汚れ、ノリ、柔軟剤等を取り除き、ぬれたままにしておきます。

2、作業中は染料が手につかないように台所用のゴム手袋をしてくださいね。


3、マルチ1缶を500ccの70度のお湯で溶かします。

(ペンチで端をつまみパカッとあけます)



4、別容器に70度のお湯、染めるものが浸り少しかぶる位の量(今回は5ℓ)を入れ、お酢350cc(ウール・シルクの場合はお酢)と、3で溶かした染料をいれて良くかき混ぜます。



5、染めるものを広げて入れ、20分もみ洗いするようにしっかり混ぜます。



6、20分つけおき、ムラにならないように時々かくはんします。
 

7、お水が透明になるまでよくすすぎ、脱水後陰干しです。



8、出来上がり!!

 

暗すぎない紺色になりました

シルク・ウールという油分を含んでいる生地なのにわりと濃いお色になりました。大満足です
まだまだ寒いので、インナーに着たいと思います。
みなさんも着ていないお洋服があればカラーチェンジしてみてくださいね。

また新しい物に生まれかわりますよー

 
次回もダイロンブログおたのしみにー。
よい週末をお過ごし下さいね


重ね染め特集 鮮やか水色カットソー編

今朝パラっと雪がふりましたね

私にとっては今年初雪でしたがみなさんはどうですか??

寒いーと思いながらも雪って奇麗ですね。

先週末は暖かかったのに今週の連休はとっても寒くなりそうですね。

  
さて今月のダイロンブログは重ね染め特集と題してお送りしています。


本日のカラーチェンジのお洋服はこちら


 

シルク75%、ウール13%、ポリウレタン12%のニット

 

(洋服に付いている品質表示で繊維の種類をチェックしましょう!!)

数年前に購入後、結構明るい色なので、なかなか出番がなく
タンスの奥深くに眠っていました。
肌ざわりがいいので、もう少しおちついた色に変えてインナーにしたいなと思っています。

そこで、染料は何を使おうかな??

⇒シルク・ウール・ポリウレタンはマルチで染色可能なので、マルチ(お湯染め)で染色したいと思います。

色は??

⇒同系色の濃い色で染色すると、染色後のイメージのブレも少なく無理のない染色ができますよ。

今回はマルチの17 NAVYで染色していきます。



(1缶で約250g、Tシャツなら2枚分の繊維を染めることができます。)


今回の染色のポイント

ポイント1
シルクやウールのような油分を含んでいる繊維の場合、
マルチが一番濃くお色が入ります
(色の濃さよりもお洋服の縮みが心配な方は
お水染めのコールド・中温染めのプレミアムダイのご使用をお勧めします)

ポイント2
シルクや、ウールは綿や麻を染色する時と比べて淡いお仕上がりになりますが、少しでも濃く染め上げたい!!という方の為に裏技をつかいましょう。綿や麻を染色する時はお塩を助剤として入れていますが、ウールやシルクを染色する場合、お塩の代わりにお酢を使用します

次回は実際に染色していきます。染色の過程もお伝えしますので、お楽しみにしてくださいね


重ね染め特集 黄色のプリントTシャツ編 Part.2

本日 東京では、最高気温14℃

気分も上がりますねー。

週末もいいお天気らしいです
外出日和になりそうですね。

私は姉から“断捨離”特集の本を借りたので、
外出前にそちらを参考にお部屋のお掃除をして春に向けて心もお部屋もピカピカにしたいと思います。

お掃除が少し苦手な私も断捨離の本を頼りにがんばってみまーす。

さて、ダイロンブログですが、今月は重ね染め特集と題してお送りしていきます。失敗の少ないお色選びのコツお教えします

 

第一弾は、黒のプリントがされている黄色の綿のカットソーを、
少し優しい感じにトーンダウンしたいので、プレミアムダイ35 Terracotta Brown で染色してみます。



 

前回は、染色準備編までお送りしましたね。

今回は、実際に染色していきます。どんな結果になるのか楽しみですよね。

 

まずは、お洗濯。汚れをとりました

濡れたままにしておきます。(濡れたままの状態の方が、染液が浸透しやすくムラを防止します)

 

1、染料1袋をボールに入れます。(プラスチック製でもお色がつきません
500mlの40度のお湯でよく溶かします。






よく溶かしてね!!

2、塩250gを6ℓの40度のお湯に溶かし1の染料を入れよく混ぜます。






塩が溶けたね!!


1で溶かした染料を加えるよ!!

3、染めるものを広げて入れ、15分間しっかり混ぜます。




染めるものを染液とよく馴染ませるよ!!

4、ムラにならないよう時々かき混ぜながら45分間浸け置きます。


5、水洗いしてよくすすぎ、脱水後陰干しします。




6、じゃーん。出来上がりです!!


 


 

ステッチ線は、ポリエステルのため染まりませんでした。

その為、同系色での染め変えの方が糸の色に馴染みやすいので、
目立ちませんよね。とってもお勧めです!!

このようなスクリーンプリントの物だと、染色しても、
プリントの柄はそのままで染色できます。

自然なカラーチェンジが出来て大満足早くもっと暖かくならないかなー。

春が待ち遠しいその前にお掃除しなきゃー。
ダイロンブログ次回もお楽しみに



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR