スニーカー染色紹介!!

水曜日は暖かかったのですが、 昨日からまたぐっと寒いですね
昨日の夜は、ここ東京でも粉雪がチラチラ降っていましたよ


今日も夜から雪の予報がでていましたが、どうなるのでしょうかね。

もう雪とか、寒いのももう終わりにして。。。とつぶやきたくなりますね。


さて、最近のブログは板締めしぼりばかりお送りしていましたね。すいません
まだまだ、板締めしぼりのご紹介もしたいのですが、今日は久々に綿・キャンバススニーカーの染色紹介をしますね


綿キャンバス地のスニーカー(防水加工など生地に表面加工されていないもの)はコールド(お水染め)・プレミアムダイ(中温染め)で染色可能です!!

マルチも綿や麻などの天然繊維は染まるのでご使用して頂けますが、ゴムの部分にまでお色がついてしますので、
コールド又は、プレミアムダイでの染色がお勧めです

染料の量の目安は、コールド1缶又はプレミアムダイ1袋で1足分です。
コールドのA52Blackの時のみ2缶(1足分)使用してくださいね。

写真はコールド30Turquoise Saga1缶での染色
ダイロンラバーの友人が染色した写真を撮って送ってくれました



すごく奇麗ですよね。なかなか自分好みの色が売っていない時に染色!!とってもお勧めです。

スニーカーの染色は染色デビューの方にも染色し易いと思います。
ぜひこの機会に染色してみてくださいね


コールドでのキャンバス地スニーカーの染色方法についてこちらもチェック

http://dylon.jugem.jp/?cid=29


※現在はコールドは廃盤となっております。

板締め絞り Tシャツ編 生地染色編

 今日は寒さが戻ってきましたね。雨のバレンタインデーですね

週末に久しぶりに銀座に行ってきましたが、
バレンタインの影響なのか??カフェがすごい込んでいましたーよー。
チョコ売り場も女子で溢れていました。。

カメの形のチョコとか、オイルサーディンの形のチョコとか、嫌がらせなんじゃない??と思うようなものまで色んなチョコを各地で見かけましたよ。

私的には、デカダンス ドュ ショコラ の唇の形をしたチョコがインパクトがあって、かわいいなーと思いましたーふふふ。

http://www.decadence.jp/decadence/9.5/


さて、本日は前回からの続き 板締め絞りTシャツの染色発表ー!!

前回はたたむところまでやりましたね。



染色していきましょう。今回はマルチ17Navy1缶での染色。

1、染料をボールにあけ、約500ccのお湯(約70度)を加え泡だて器で溶かします。




2、染めるバケツにお塩約15グラム入れ、お湯約3ℓで溶かします。
その中に1で溶かした染料の液(約500cc)を加えよく混ぜます。



3、染液の中にたたんだTシャツをいれます。
Tシャツのヒダに染料がしみこむように広げながら染めます。
約40分程染色します。



4、時間がたったら、板締めしているままでお水で洗います。
少し色水が少なくなったところで、板締めしているゴムを外して再び水洗いします。



5、陰干しして完成です

じゃーん


捨てようと思っていたTシャツがいい感じに蘇りましたー!!

次回もお楽しみに




板締め絞り Tシャツ編 生地折りたたみ編

 だんだん寒さが和らいでいる気がしませんか??

夕方5時には真っ暗だったのに、最近少し明るくないですかー

ちょっとだけ暖かくなるだけで、気分も上がりますね。

今から春が楽しみです


さてー、今回のブログでは、板締め絞りでTシャツを染色してみましょう。

染めるものはこちら
↓ 着古した綿のTシャツ(薄いグレー)



用意するもの・Tシャツ1枚

・染料(今回はマルチ17 Navy1缶)
・塩(マルチの場合15g)
・バケツ
・ボウル1個 
・泡立て器
・ゴム手袋
・太めのゴム 8本程度(偶数本)
・同じ大きさの木編や割りばし 4本程度(偶数本)

染める前に生地は洗濯して汚れやノリを取り除き、乾かしておきます生地折りたたみ編

1、基本の折り方は、どんな時も内側→外側→内側→外側と屏風のように交互に折り、
染めるときに染液が入りやすいようにします。

まず、半分に折ります。

2、袖を写真のように折ります


3、袖をもう半分に折って、見頃の幅と揃えます。


4、もう片方の袖も同じように折ります。


5、裾を3分の1位の幅を一折します。


6、裏にして、もう一折。


7、また裏にして、もう一折。


3、生地を折ったら、同じ大きさの木型で上下を挟みこみます。


木の両側をゴムで縛り固定します。


このとき、きつく縛ることで防染でき、はっきりとした柄ができます。

緩く縛ると、染液が染み込み、滲みがでます

使用する生地の厚みによっても模様の染め上がりが変わります。
薄い生地は比較的模様がはっきり出やすく、厚い生地は模様が滲んだようにでます

さて、今日はここまでー。次回染色後の発表ですお楽しみに。

板締め絞り Part,3

 雨。雨。雨。

朝から久しぶりの大雨でしたね。電車も遅れていて少々疲れ気味な朝でした。
みなさんは大丈夫でしたか??

先週末は少し暖かかったので、雪は免れましたが早く暖かくなって、”脱”重ね着したいです。

重ね着で思い出しました!!

巷の女子の間で”冷え取り”の為に、靴下を何枚も重ね履きするのが流行っているの知っていますか??

ベースは絹100%の靴下→その上に綿靴下綿と交互に重ね履き
2足より4足、4足より6足という風に重ねれば重ねる程効果的とのことです

ちょっとびっくりですが、私の友人も実践している人がいますよ。

いっぱい重ねると、履く靴に困りそうですよねー

私は冬でもせいぜい2枚かな。
でも、天然繊維って吸水性に富んでいるのでお肌にとても良さそうですね。

冷え取りの本も出ているそうなので、興味のある方はぜひ見てみてくださいね。



さーて、本日のダイロンブログは引き続き板締め絞りのご紹介!!

その

染色前
三角形の形に屏風のように畳んでいって、2か所木で挟んで輪ゴムできつく留めます。

           ↓
染色後(プレミアムダイ05Sunflower Yellow)

和の雰囲気ですね。

その

染色前
長方形になるように屏風畳みをして、木を斜めにおき止め輪ゴムできつく留めます。
(染色前の生地は、コールド11Tahiti Roseで染色して色がついている状態です)


            ↓
染色後
(プレミアムダイ12 Velvet Black)

木をきつく輪ゴムで挟んで染色しただけなのに、なんだか作品の雰囲気に

次回は、この方法で、Tシャツ、シルクのストールで板締め絞りやってみますね。
お楽しみにー!!




 


板締め絞り Part,2

冷える毎日ですね足先の感覚がありません。

インフルエンザも流行中!!
昨日の新聞によると今年はA香港型が多いそうですね。
マスクが必須。

知らないうちに感染していてもマスクを着用して外出を控えると、 感染者が約40〜75%に減少、
効果はワクチン1600万人分に匹敵するらしいですよ。

ふむふむ。最近マスクしている方が増えているのも納得ですね

こまめに水分補給も重要とのこと。

私は普段ルイボス茶を飲んでいるのですが、会社での朝の一杯はコーヒー。

最近ベトナムコーヒーの粉を頂いたのでちょっと紹介しますね。


これです。チュングエンコーヒー


ベトナムコーヒーはステンレス製の組み立て式の専用のフィルターで入れるのですが、
普通のコーヒーメーカーしかもっていないー。。。
試行錯誤の末、2(いつものコーヒー):1(ベトナムコーヒー)の割合で入れてみたら、
香ばしいブレンドコーヒーになりました。
機会があればぜひ

さてさて、本題の板締め絞りの続き。

板締め絞りの染色後の発表

その



染色前(斜めに生地を折り、割り箸2本×2本で挟み
きつく輪ゴムでしばります)

       ↓











染色後(コールド11Tahiti Rose) 
ストライプになりました!!


その



染色前(斜めに折り、割り箸1本×1本、2本×2本、ではさみ輪ゴムではさみます)

            ↓
             







染色後(プレミアムダイ 02French Lavender)
ひし形になりました。
はさんだ割りばしの間と間が狭いと、その中に染液が入り辛いので、ひし形の幅が広くなります











染色前に、同じように生地を斜めにたたんで、真ん中だけに割りばし1本×1本で挟んで染色すると、こうなります。(コールド03 Lilac)



今日はここまでー!!次回も引続き板締め絞りお送りします。

よい週末を





板締め絞り

当たり前に寒い日が続いていますね 

寒いことを理由に毎日、お菓子を食べまくっています

ウエストまわりもなんだかお肉が余計についてきたような。。。。

そのことに気がついたのなら早く手を打つべきなのですが、なかなかやめられず

今年は去年の冬に比べて寒いからお菓子の量も多いのでしょうかね。。ふふっ。。。

今週もホットヨガにいってきます



さて、最近の染色活動は、お取引先のお店に展示する為の作品創り。
板締め絞りを先週から毎日のようにしています

板締め絞りは簡単に説明すると、生地を内側→外側→内側→外側と屏風のように交互に折り折ったものを木で挟み、染める方法です。
木で挟んでいるところが防染されて、模様となって出てくるのです!!

染める前はこんな感じです


木がない場合には、割り箸を重ねて使う方法もありますよ!!





次回は板締め絞りの染色後をおみせしますねー

春色ー!!

 寒い日が続いていますね

先日降ってきた雪が陽があたらない歩道にまだ少し残っていて、凍っているところをみかけます

昨日の朝は雪が少し残っている歩道で、ツルっと転んでいるスーツ姿の男性を見かけました。

せっかくこれから出勤だったのに、痛かっただろうなー
まるでスケートリンクで転んでいる感じですよ見ていて本当に気の毒でした。

気をつけてくださいね。


しばらく厳しい寒さがつづきそうですが、デパートはすっかり春モードでしたよ。
春物が並び始めていて、色の鮮やかさにハっとしました


今週の火曜日に新宿に用事があったので、ちらっとウィンドウショッピングに行ってきました。
そうそう、最近噂のパリのブランドのCARVENが新宿の伊勢丹にオープンしたので、
オープン初日に寄ってきましたよ。当日は店頭にお洒落女子達が溢れていました
http://carven.jp/


シンプルなデザインで、コットンやシルクなどの上質な素材のお洋服がたくさん。
中でも春らしい赤、黄色、ビビットなブルーの鮮やかなお色が印象的でした。


赤は、少しオレンジの入ったようなトマトレッド→ダイロンでいうならばマルチ09Pagoda Red


黄色はほんのり緑味のある黄色。→ダイロン的にはコールド22Sahara Sun




ブルーは本当に鮮やかなお色でした。→ダイロンでは、プレミアムダイの26 Ocean Blueが一番鮮やかで濃いブルーになります。


冬って、気がつくと全身暗い色の洋服を着ていること多くないですか??
そして春や夏には明るい色を着たくなる。心理的な影響でしょうかね

よい週末を。




ウールのカーディガンの染色 Part.2

昨日の夜から雪すごかったですね。。。
都心は雪が溶け始めていますが、朝おきて積雪にびっくりした方も多いのではないでしょうか。
帰り道ご注意くださいね

先週末からお天気が悪い日が続いていましたが、今日は昼間、陽ざしを感じました!


さてさて、本日のダイロンブログは前回から引き続き、コールドでウールカーディガン(約150g)染色です。
今回はコールド(お水染め)22 Sahara Sun1缶(目安の染料の量より少し多め)で染色していきます。

通常コールドで綿や麻などを染色する時はFIX剤・お塩を助剤として使用していますが、
ウールの場合には、その代りにお酢を使用していきます。

実際に染色していきましょう。

1、まずお洒落着洗いの中性洗剤で洗い、濡れたままにしておきます。



2、染料をボウルにあけ、約500mlのぬるま湯(40℃程度)で溶かします。





3、染色を行う容器(ステンレスのバケツを使用。プラスチックでも可)
に染めるものがつかる位のお水(約5ℓ)を入れ、お酢を約350ml入れます。
その中に2で溶かした染料を入れ混ぜます。




4、染液ができたら、濡れているカーディガンを入れ、優しくまぜ、なじませます。



5、約1時間程漬け置きますが、その間も時々染めているものを持ち上げたりして染液と染めるものを馴染ませます。





6、染色時間が過ぎたら、お水ですすぎます。





7、脱水をして陰干しします。出来上がりです!!



奇麗なレモンイエローになりましたー!!
なんだか新しい印象です

綿や麻を染色したときよりも気持ち薄い染め上がりですが、
今回のカーディガンは、ウールにしてはかなり濃く染まりました。

元の色が白や薄いお色の場合には染色による効果が出やすいですね



 


ウールのカーディガンの染色

 今日はここ東京でも雪がふりましたねー

朝起きて、外を見たら雪がちらついていましたー。びっくり。

午後から、もう降ってはいないようですが、
雪だと電車が遅れたり、通勤・通学も大変になりますよね

今日も気をつけて帰宅してくださいね。

今回は、ウールのカーディガン(薄いクリーム色)をコールドで染色してみたいと思います。

染めていくのはこちら
↓ウールのカーディガンです。かなり薄手。糸も細めです。



↓今回はコールド(お水染め)A22 Sahara Sun1缶で染色していきますよ



ウールは油分を含んでいる繊維の種類になります。綿や麻に比べて比較的薄い仕上がりになります。
コールドはお水染めなので、ウールを染色する際にダイロンの染料の中で一番ダメージが少なく染色できますが、
その分色の入りも薄めに仕上がることが多いです!!(お水染めでもお水に通しますので、多少の縮みはおきます)

元のお色が白に近いクリーム色なので、染色に対する効果(色の変化)は実感し易いかと思います。

今回はどの位、色が入るのかみてみましょうね。

今日はここまで。次回実際に染色してみます。

みなさんよい週末を

 

赤ウールのセーターの染色 Part,2

寒いのはもう慣れたような気がするのですが、最近空気の乾燥を実感しています
みなさんはどうですか??

気がつくと喉が少し痛かったり、唇がカサカサになっていることありませんか??

加湿器もつけているのにこんなに乾燥するなんて、今までなかったなーと思う今日このごろです。

さて、本日前回からのつづきウールセーターの染色していきましょうね。
*染色はお湯やお水に通す工程がございますので、縮むことが考えられます。

1、染色前に衣類用の中性洗剤で洗っておきましょう。濡れたままにしておきます。

極端な温度変化で縮みがおこりやすくなりますので、お湯にならしてあげるために、すすぎは
1、ぬるま湯(20度〜30度)
2、中温(40度〜50度)
3、熱めのお湯(60度〜70度)
1〜3の順で行ってください。




2、ゴム手袋をします。
約70度位のお湯を約6ℓと、お酢約350mlとまぜます。



3、染料08Ebony Blackを2缶を70度位のお湯約500mlで泡だて器で溶かし、
溶かした染料を2に合わせて混ぜます。



4、染液ができたら、洗ってある濡れているセーターを入れ、染液とよくなじませます。



5、時々やさしくなじませながら約40分間漬け置きます。



6、染色時間が過ぎたら、余分な染料を洗い流します。
水が透明に近づくくらいまですすぎます。



7、洗濯機で脱水してから、色移りしてもいいタオルの上にセーターをのせ
乾かします。



8、8割位乾いたらハンガーで乾かします。
完成です!!
(染色後:縦52cm 横39.5cm)このセーターの場合、縦が1センチ縮みました。


トーンダウンできましたー。

↓ 染色前 (縦53cm 横39.5cm)


染色前からの派手さがなくなりましたね

そのあと、縮みを覚悟して、もう一度同じ染料の量で染めてみました。
(縦51.5cm、横39.5cm)縦にさらに縮みがでました。


1回目に染色した時よりも少し暗くなり、ボルドーのいい色になりましたー。
もう着れないかもと思っていたのですが、これから活躍しそうです

次回もお楽しみにー!!

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR