カラーファンでゼブラ柄Tシャツ Part.1



今週のダイロンブログはカラーファンでゼブラ柄にプリントをする方法をご紹介します。

カラーファンはそのまま塗るだけでなく、少し水で薄めて、スプレーで吹きかけて使うこともできるんですよ。

詳しい作り方は次回ご紹介します。
お楽しみに!

 

染色に使う容器はどんなものが良い?

ご家庭で染色をするとき、どんな容器を使うのが良いの?
というお問い合わせをよくいただきます。
ダイロンは家庭用の染料なので、特に専門的な道具を揃える必要はなく
家庭にあるもので染色できますが、適した容器と適さない容器が
あるのでご紹介したいと思います。

【適した容器】
・ステンレスやホーローの容器
 料理用の場合、染料使用後は必ず漂白剤で洗ってください。

・プラスチック製の容器(バケツ、ゴミ箱、衣装ケースなど)
 マルチを使うと色がつきます。

・キッチンのシンク(ステンレス)
 油汚れ等がない状態にしてから、使用してください。
 
・洗面器
 プレミアムダイを使用する場合のみ使用可。マルチを使うと色がつく場合があります。

※色がついてしまった場合は台所用漂白剤をつけて洗ってください。
※汚れては絶対困るという容器は使用しないでください。

【適さない容器】
・お風呂の浴槽
 色がつくことがあり、落とすことが難しい場合があります。

・ビニール袋
 ビニール袋の中で染色をするという方がまれにいらっしゃいますが、
 穴があいていたりすると、周りのものを汚してしまうことがあるので
 おすすめできません。また、色ムラが出やすいです。

・水がしみ込む容器(木製、紙製など)
 水に弱い容器は使用不可です。

・アルミ製の容器
 染色液はアルカリ性のため、何度も染色に使うと溶けてくる場合があります。
 

また染料はゴム製の床や壁、フローリング、コンクリートにつくと大変落ちにくいです。
粉末の状態、液体の状態ともに飛び散らないように十分ご注意ください。


 

ダイロンの安全性について

本日のダイロンブログはお問い合わせの多い、ダイロンの染料の安全性についてお知らせしたいと思います。

最近、染料工場に勤務されていた方が膀胱ガンになり、調査を始めたというニュースが報じられています。
その染料に含まれていた「特定芳香族アミン」という発がん性物質が原因であるとされています。

これを受けて今年4月から日本国内で「特定芳香族アミン」が規制の対象になります。

EU(欧州連合)では1994年以降に既に規制されています。
ダイロンの染料はEUで生産されているので、「特定芳香族アミン」は含まれていません。
(アゾ染料、オルト―トルイジンも含まれておりません)

世界中で約70年間使われている家庭用染料ですので、安心してお使いください。
 

お部屋のカラーコーディネート

春に向けて、お部屋の雰囲気を変えたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
色を意識してコーディネートしてみると、まとまりのあるお部屋が作れます。

今回のダイロンブログはプレミアムダイの色を使ったコーディネートをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。


家キッチン
トロピカルグリーンは明るい色なので、ワクワクする楽しい空間になります。


家ダイニング
バハマブルーの鮮やかさが映えますね。


家リビングルーム
バーレスクレッド、フレンチラベンダー、チューリップレッドを使用しました。
暖かみのある組み合わせですね。


家バスルーム
清潔感のあるチャイナブルーはバスルームにぴったりです。


家ベッドルーム
バーレスクレッドとペブルベージュの組み合わせです。
落ち着ついた空間になります。


色の組み合わせ次第で、お部屋の雰囲気が変わります。
自分らしい色を見つけてくださいね。

ダイロンプレミアムダイ

今回ご紹介した商品は→プレミアムダイ
ご購入はこちらから→ダイロンオンラインショップ
最新情報は→twitterFacebook


 

染色before/after オフホワイトから紺色へ

今回も染色before/afterをご紹介します!

汚れや黄ばみが目立ちやすいオフホワイトのカーディガンを濃い色へ染色しました。

【染色前】素材はカシミヤです。


【染色後】ダイロンマルチ 17 Navyで染色
ボタンにも少し色が入りました。


お洋服のイメージが変わるだけでなく、汚れが目立ちにくくもなります。
クローゼットに眠っているお洋服があったら、ぜひ染めてみてくださいね。


今回ご紹介した商品は→ダイロンマルチ
ご購入はこちらから→ダイロンオンラインショップ
最新情報は→twitterFacebook



 

染色before/after 綿コートのカラーチェンジ

今回のダイロンブログは染色のbefore/afterをご紹介します。

ややオレンジがかった赤色の綿のコートをプレミアムダイ DARK BROWNで染色しました。

【染色前】


【染色後】プレミアムダイ 11 DARK BROWNで染色


元の色と染料の色が混ざった色に仕上がるので、赤みのある茶色になりました。

赤系統から茶色への染色は色のなじみが良いのでオススメですよ。

ぜひお試しくださいね!


今回ご紹介した商品は→プレミアムダイ
ご購入はこちらから→ダイロンオンラインショップ
最新情報は→twitterFacebook


 

メッセージミニ風呂敷 Part.2


今回のダイロンブログはメッセージ入りミニ風呂敷をご紹介します。
プレミアムダイで絞り染めをした後、カラーファンで好きな文字を書いていきます。

【用意するもの】
・綿100%、白のミニ風呂敷(スカーフなどでも可)
・プレミアムダイ Tulip Red:1袋
・お塩:250g
・40℃お湯:6.5L×2(染色用・色止め用)
・染色する容器:1個
・染料を溶かす容器(ボウルなど):1個
・泡立て器(染料、塩を溶かす際に使用)
・ゴム手袋
・輪ゴム:数本
・チャコペン(水で消えるもの)
・カラーストップ(色止め剤):1個
・カラーファン Red:1個
・筆(絵の具用でOK)
・アイロン
・当て布
※プレミアムダイ1袋で250gまでの繊維が染まります。
今回はミニ風呂敷1枚しか染めませんが、合計250g以下で
他に染めたいものがあれば一緒に染めてください。

【作業時間】
約2時間
(乾かす時間は含みません)

【難易度】
★★☆☆☆

【作り方】
1、まず、プレミアムダイで絞り染めします。
白く残した部分に目印の線を書きます。


2、線に沿って生地を寄せていき、輪ゴムできつく縛ります。


今回は四隅を絞りました。
輪ゴムがゆるいと染液が中にしみ込んでしまうので、きつく縛ってくださいね。


縛ったら、一度お水(またはぬるま湯)で洗い、濡れた状態にしておきます。


3、染色します。染料はプレミアムダイ 36 Tulip Redを使用します。
プレミアムダイ1袋をボウルに入れ、500mlのお湯(40℃)で溶かします。
泡立て器を使うと溶けやすいです。


4、染色をする容器に250gのお塩と6Lのお湯(40℃)を入れ、お塩を溶かします。


5、4に3を入れ、混ぜ合わせます。


6、染めるものを浸けます。
時々混ぜながら、1時間浸けます。


7、お水ですすぎます。
色があまり出なくなるまですすいでください。


8、カラーストップで色止めします。
再度容器にお湯(40〜60℃くらい)を入れ、カラーストップを溶かします。
色止めするものを15分間浸けます。時々混ぜてください。


9、お水ですすぎます。
すすぐお水が透明になるまで、すすいでください。
その後、脱水して乾かします。


10、乾いたら、輪ゴムを外します。


11、きれいに白く防染できました!


12、続いて、カラーファンで文字を書いていきます。
いらない紙などを下敷きにして、筆で直接書きます。
※水で薄めずに使用してください。水を入れるとにじみが出てしまいます。




13、カラーファンが乾いたら、当て布をしてアイロンをかけます。


14、完成です!


四隅にそれぞれ違うメッセージを入れると、場面にあった使い方ができますね!


春に向けて贈り物を送る機会が増えるので、ぜひ手作りしてみてくださいね!


次回もおたのしみに〜!

今回ご紹介した商品は→プレミアムダイカラーファン
ご購入はこちらから→ダイロンオンラインショップ
最新情報は→twitterFacebook



 

メッセージミニ風呂敷 Part.1



今週のダイロンブログはメッセージ入りのミニ風呂敷の作り方をご紹介します。



プレミアムダイで絞り染めをし、カラーファンで文字を描きました。
詳しい作り方は次回ご紹介します。
お楽しみに!


 

擦れて色あせた衣類

色あせの原因は様々ありますが、カバンなどが擦れて一部分だけ色が薄くなってしまうことがあります。
ダイロンの染料では色あせた部分だけを染めることはできないので、
全体を染めることで色あせた部分を目立たなくさせることができます。

【染色前】右側の腰の辺りが色あせています。
ショルダーバッグが擦れて色があせてしまったそうです。
お洋服自体はまだ傷みもなく問題なく着用できる状態です。





【染色後】ダイロンマルチ 17 Navyで染色。
ほとんど目立たない状態になりました。
全体を染めるので、全体的に色が濃くなります。




注意色あせの程度によっては、染色してもあまり改善しない場合もございます。

ぜひ挑戦してみてくださいね!


今回ご紹介した商品は→ダイロンマルチ
ご購入はこちらから→ダイロンオンラインショップ
最新情報は→twitterFacebook

 

暗い色に染めるには?

今回のダイロンブログは色の混色をご紹介します!
混色について一番多いお問い合わせは「濃い(暗い)色に染めたい場合はどうしたらいいか?」というご質問です。

こげ茶、濃紺など、既存の色より暗い色に染めたい場合は、黒を少量混ぜて色を作ります。

例えば、暗い茶色に染めたい場合は…
ダイロンマルチ 07 Coffeeに08 Ebony Blackを少量混ぜます。

左:ダイロンマルチ 07 Coffee 100%
右:ダイロンマルチ 07 Coffee 80%、08 Ebony Black 20%
(白の綿の生地を染色。染める素材によって多少の色の差が生じます。ご了承ください)

黒を入れる割合を増やすほど、暗い色になっていきます。
濃紺にしたい場合は同じようにダイロンマルチ 17 NavyにEbony Blackを少量混ぜます。

電球プレミアムダイは少量ずつ使うことができないので、色を微調節したい場合はダイロンマルチをお使いください。

参考にしてみてくださいね!


今回ご紹介した商品は→ダイロンマルチ
ご購入はこちらから→ダイロンオンラインショップ
最新情報は→twitterFacebook



 


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR