カラーセンター

ブログをご覧の皆様こんにちは。

この時期になると、染色をしてみたいという方が増えて来ます。

店頭にお洋服をお持ち頂いてご相談に来られる方も多くなって来ました!

商品もご購入頂けますので、お近くにお越しの際はぜひ足をお運び下さい。

 

現在のディスプレイです。

大きな布をプレミアムダイ 07 Powder Pink + 29 Flamingo Pinkで

グラデーションに染めています。

季節によって変えて行く予定ですので、ぜひご覧くださいね。

 

営業時間は平日AM9:30-PM17:30(定休日:土日祝)です。

ご来店お待ちしております!


ゴールデンウィーク休業のお知らせ

誠に勝手ながら、4/28(土)~5/6(日)の期間ゴールデンウィーク休業とさせて頂きます。

4/27(金)16時以降〜休暇中のインターネットでのご注文、

メールのお問い合わせは5/7(月)から順次対応させて頂きます。

ご迷惑をお掛け致しますが、 ご了承下さいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


ジャケットの染色

ブログをご覧の皆様こんにちは。

今回はジャケットの染色についてご紹介します。

 

今回染色のご依頼を頂いたものはこちらのエルメスのジャケットです。

日に焼けて黒が退色してしまったため染色をご依頼頂きました。

 

 

このように、襟や肩の辺りが白茶けてしまっています。

 

素材は綿ですが、襟部分内側に革のトリミングがされています。

染色では大量のお湯に浸ける事になるため、

革を染めてしまうと縮みや風合いの変化が発生するため染色はお勧め出来ません。

(こちらもご参照ください➡http://dylon.jugem.jp/?eid=201

今回は皮革部分が少量だったため染色を行わせて頂きました。

革のパッチやトリミングがあるものを染める際は、十分ご注意下さい!

 

お洋服の重さが570gでしたので、ダイロンマルチ 08 Ebony Blackを5袋、

お酢を700cc、お湯の量を13リットルで染色を行います。

通常綿素材はお塩で染色可能ですが、今回は革が使われている事や

水洗いが禁止されている素材であることを考慮し、お酢で染める事にしました。

 

結果は…

この様に、綺麗に色が入りました。

退色していた部分とそれ以外の部分の色ムラもありません。

革のトリミング部分も黒く染まってしまいましたが、

幸い縮みなどは少なく、襟が寄れてしまう事もありませんでした。

 

今回はうまく復活させる事が出来て一安心ですが、

水洗いが禁止されているお洋服は、水につけると風合いの変化や

型崩れが生じる事も考えられる為、基本的には染色はお勧め出来ませんので

あらかじめご注意下さいませ。

綿素材でも、水洗い禁止になっている場合がございますので

洗濯表示にて事前に必ずお洋服の情報をお確かめ下さい。


スプリングキャンペーン開催!

ブログをご覧の皆様こんにちは。

4/15(日)〜5/15(火)までの期間、スプリングキャンペーンとして

プレミアムダイ・ダイロンマルチいずれか3点以上をお買い上げの方に

カラーストップをお一つプレゼントさせて頂きます!

カラーストップに関しまして、詳細は以下商品ページをご覧ください。

http://dylon.co.jp/catalog/colorstop.html

 

春服はもちろん、これからの夏服の染め替えをお考えの方は

この機会をお見逃しなく!

 


ナイロンの染め直し

ブログをご覧の皆様こんにちは。

今回は、日焼けしたナイロン素材を染め直しましたのでご紹介します。

 

こちらが染色前の状態です。

元はオリーブグリーンでしたが、襟もとや袖などが日焼けで退色してしまっていました。

 

 

こちらを、ダイロンマルチ #26 Jungle Greenで染めます。

お洋服の重さが650gだったので、染料を3袋使用します。

 

すると…綺麗に染め上がりました!

オリーブグリーンからダークグリーンに変わりましたが、

退色した部分にも綺麗に色が入り、ほとんど色ムラ無く仕上がっています。

 

ダイロンマルチでナイロンは染色可能ですが、

糸が太かったり厚みがあるもの等は染まりが悪くなります。

今回は比較的薄手のナイロンでしたが、思った以上に色が入りました。

薄手のものでも防水加工・撥水加工がされているものは

染める事が出来ませんので注意してくださいね。

 

という訳で、ナイロンの染め直しについてでした。

色褪せてしまったナイロン素材もぜひ染め直して、蘇らせてみてください!


カラーストップのご紹介

 ブログをご覧の皆様こんにちは。

本日はカラーストップについてご紹介致します。

 

カラーストップ / 50ml / 350円(税抜)

染色後にお使い頂くことで、お洗濯時の色落ちを予防する事が出来ます。

実際に使ってみた所をご紹介致します。

 

染色後、数回濯ぎをして余分な染料を落とします。

10回程度濯ぎましたが、水に浸けると…

この様に、まだ染料が出て来てしまう状態です。

この状態でお洗濯をすると、他のお洋服に

しっかり色はつかないにしても若干色移りしてしまいます。

 

ここでカラーストップを使います。

カラーストップは一箱50ml入りですが、50mlで1kgまでのお洋服にお使い頂けます。

必要な量だけ使用して、後は密封出来る容器に保存しておいても大丈夫です。

複数のお洋服を浸ける際、色が違うものはそれぞれ別にしてカラーストップを使用します。

カラーストップに浸けると、更に余分な染料が抜け出てくるので

服同士に色が付いてしまう可能性があります。

 

今回はお洋服の重さが200g程でしたので、10mlを使用します。

カラーストップを溶かすお湯の量ですが、

お洋服がしっかり浸かる量のお湯をご用意ください。

お洋服の重さに対し、カラーストップの量が足りている場合は

お湯を沢山注いでも薄くなったりせず、効果が出ます。

お湯の温度は40℃〜70℃くらいで、温度が高い方が効果が高くなりますが、

お洋服に付いている洗濯表示での温度表記に従って下さい。

 

お洋服が濡れた状態でカラーストップを溶かしたお湯に15分間浸けます。

 

このように、更に余分な染料が抜けます。

 

一度濯いだ状態です。

カラーストップに浸けるまでは何度濯いでも色が出る状態でしたが、

一気に落ち着きました。

 

更にもう一度濯ぎました。濯いだ水に色は付かず、透明な状態です。

しっかり色止めする事が出来ました。

これでお洗濯の際の色移りの心配もかなり減ったと思います。

 

この様にカラーストップは、繊維と染料の結びつきを強くして色落ちを予防してくれます。

とても簡単に色止めが出来るので、ぜひお試しになってみてくださいね。

ご使用の際は以下の点にご注意下さい。

 

注意点

・カラーストップは綿、麻、綿を含む化繊混紡にお使い頂けます。

・ご家庭で洗える物にご使用頂けます。

・既製品にもお使い頂けますが、藍染め、草木染め等の

 天然染料で染められたものにはご使用頂けません。

・素材や染料の相性によってはカラーストップを

 使用しても色止めがされない事もございます。予めご注意下さい。


汗じみが出たものの染色

ブログをご覧の皆様こんにちは。

暖かい日も増えて来て、春服を着る機会も増えて来たのではないでしょうか。

ところが、着ようと思ったらシミが出来ていた…なんて事もありますよね。

今回は、汗ジミが出来てしまったお洋服の染色について

ご紹介したいと思います。

 

今回染めたお洋服はこちらの綿100%のニットです。

シミが出来てしまったので、染色で隠す事は出来ないか?とご相談を受け、お預かりしました。

両脇のあたりに、画像のように少し黄ばんだシミが出来てしまっています。

ネイビーに染め替えたいとのことでしたので、

今回はプレミアムダイ 08 Navy Blueを使用して染色を行いました。

お洋服の重さが200g程度だったので、プレミアムダイ1袋を使用します。

 

全体は画像の様に綺麗にネイビーに染まりました。

問題の箇所は…

黄ばみに影響される事無く、綺麗に染まりました!

じっくり見ても、シミがあった部分は解らなくなっています。

 

今回のように、軽いシミなら染色でほぼ解らなくすることも出来るものもあるので、

染め直してみるのも良いかもしれませんき

ただし、薄い色で染めた場合はうまく隠れない可能性があるため、

出来れば濃いめのお色で染色される事をお勧めします。

 


プレミアムダイ 51 BURLESQUE REDを薄く染めると…

ブログをご覧の皆様こんにちは。

3月に入り、春の日差しを感じられるようになって来ましたね。

今日は冷えますが、暖かくなってくると明るい色のお洋服が着たくなります。

 

春の色といればピンク色を想像してしまいますが、

プレミアムダイ12 Powder Pinkだと可愛らしすぎるかな…と

感じる方にお勧めなのが51 BURLESQUE REDを薄く染める方法です。

 

普通に染めると深みのある赤紫の様に染まりますが、薄く染めると…

 

このように少しくすんだ紫がかったピンクに染まりました!

こちらは浸け置き時間を短く調整して染めてみました。

12番にくらべると落ち着いた雰囲気の色で、大人っぽさも感じます。

 

ぜひお試しになってみて下さい!


パントン color of the year 2018

ブログをご覧の皆様こんにちは。

今回は、前回ご紹介したウルトラバイオレットに近い

プレミアムダイ 30 Intense Violet でちょっとしたクロスを

染色したのでご紹介します。

 

こちらの綿100%キッチンクロスをイメージチェンジしてみたいと思います。

 

2枚は試しに板締め絞りで染めてみることにしました。

さて、結果は…

 

まずはピンクのチェックだったものです。

ピンクと紫は相性が良いので、色が自然に重なりました。

 

赤いチェックのものはこのようになりました。

赤い部分は紫が重なってもほとんど色は変わりませんでした。

赤いチェックのものを板染め絞りで染めた結果です。

紫色のチェックを足したようにならないかな…と思いましたが、

もう一度逆方向に板じめをして染めると良い感じになりそうですね。

 

元が真っ赤のものは大きく色は変わりませんでしたが、

染まった部分の色が少し濃くなったことで輪っかの模様が出来上がりました!

いかがでしょうか。

既にお持ちの物を流行の色にカラーチェンジして気分を変えてみても楽しいですよ♪

是非お試しになってみてくださいね。

 

 


パントン color of the year 2018

ブログをご覧の皆様こんにちは。

以前、日本流行色協会にて選ばれた2018年の色について

ご紹介しましたが、今回はパントン社で選ばれた

color of the year 2018についてご紹介します。

 

今年は、『ウルトラバイオレット』という鮮やかな紫が選ばれました。

創造的なインスピレーションを高める色とされ、

新しいテクノロジーの探求、広大な宇宙の探索など、

未来を照らす色を象徴している様です。

 

さて、ダイロン染料で一番『ウルトラバイオレット』に近い紫といえば、

プレミアムダイ 30 Intense Violet です。

 

鮮やかかつ深みのある発色の良い紫色です。

次回はこちらの色を使った染色をご紹介したいと思います。

お楽しみに!



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR