夏らしい染色技法特集(豆絞り編Part.2)

 連休明けは、台風ですね

東京は、時々暴風で、雨も降ったり止んだりの繰り返しです。
湿度が高く、とってもジメジメしています

少し動くだけで汗がダーっと出てきませんか??

電車の中とか、満員電車だと、気になりますよね。
自分の周りの人とかに迷惑じゃないかと・・・焦る日々です


さて、本日のブログは前回にひき続き、夏らしい染色技法特集として、豆絞り編です。
涼しい柄ですよねー。



本日はこのエコバックの染色を紹介していきます。

1、まずオシャレ着用の中性洗剤で洗い乾かしておいたエコバックの
中にビー玉や、ボタンなどを入れて輪ゴムで留めます。



詳しいやり方はこちら↓



A,はじめに、水で落ちるチャコペンでどこに模様がほしいか点を描いてデザインします。



B,ビー玉を入れて輪ゴムで留めます。



C,1個だけやるとこんな感じです。


2、輪ゴムで留め終えたら、染液をつくっていきます。



今回使用するのはプレミアムダイの21 Bahama Blue
とっても夏らしいきれいなお色です

今回はエコバック1枚で染色しましたが、
プレミアムダイ1袋で約250グラム(約Tシャツ2枚分)の繊維を染色できます。
(このエコバックですとだいたい5枚位)




染液を作っていきましょう。



A,まず染料を容器にいれ500mlのお湯(40℃)を入れよく溶かします。






B、別の容器(染める容器)に塩250gと6リットルのお湯(40℃)を入れよく溶かします。



C、Bで溶かした塩の液の中に、Aで溶かした染料を加えて混ぜます。



染液ができましたー。

3、この中にエコバックを乾いたまま入れます。



4、15分間 染液とバックをなじませます。



5、時々やさしくかき混ぜながら、45分間漬け置きます。

6、染色時間が終了したら、輪ゴムがついているまま一度すすぎます。
 このとき洗剤はいりません。



7、ある程度濯いだら、輪ゴムをとってすすぎます。





脱水、陰干しで完成です。

なかなか簡単ですぐできますよー。

ぜひ一度お試しくださいね


次回もおたのしみに

スポンサーサイト

  • 2020.01.16 Thursday
  • -
  • 19:13
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR