ダウンジャケットの染色について

こんにちは、ダイロンです。

 

いよいよ本日はハロウィンですね。

以前もブログにてご紹介した通り

カラーセンターもハロウィンの飾り付けをしておりましたが、

ご来店下さった皆様有り難うございました!

ハロウィンが終わるとあっという間にクリスマスになって行きますね…

またこちらでも、クリスマスに向けた染色などご紹介して行きたいと思います。

 

さて、寒くなるにつれてダウンジャケットの染色は可能か?

とお問い合わせを頂く様になりました。

素材によっては染色自体は可能ですが、

・染液に浸けても浮いてしまうため染め辛く、色ムラになりやすい

・型崩れの恐れ(中の羽毛が寄ってしまう等)

・染めた後、中の羽に濯ぎ残りがあると後からシミのように染料が浮き上がる恐れ

以上の点から染色が難しく、お勧めはしておりません。

もし、それでも染めてみたい…!という場合は

・浸けている最中はあまり目を離さず、よく混ぜて服を沈める様にする

・念入りに、水が透明になるまでしっかりと濯ぐ

・乾かす際、中の羽をほぐして形を整える(出来れば平干しが良い様です)

など、以上に注意しながらお染めください。

 

また、表地が綿であればプレミアムダイで染色可能ですが、

ナイロンの場合はマルチでしか染色出来ません。

マルチで染める際は80度のお湯が必要ですが、

中の羽毛が天然素材の場合は高温のお湯に浸ける事で羽の油分などが落ち、

ダウンのクオリティが下がってしまう事も考えられます。

 

色々と難しい点が多いので、染色にチャレンジする際はご注意下さい!


スポンサーサイト

  • 2019.11.14 Thursday
  • -
  • 17:07
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR