帽子の染色について

こんにちは、ダイロンです。

いよいよ8月になりましたが、毎日本当に暑いですね。

日除けの対策として、日傘の他にも帽子が役立ちます。

というわけで、今回は帽子の染色についてご紹介致します。

 

染めるのはこちらの帽子です。

素材は綿100%なので染色可能ですが、型崩れが生じる可能性もございます。

また、刺繍がされている場合、ほとんどの刺繍糸は綿素材のため染まってしまいますので、

染めたくない場合は染色を避けて頂く方が無難です。

 

使用して汚れ等がある場合は洗っておきます。

皮脂や薬品などが付着している場合、染めると

シミのように濃く浮かび上がりますのでご注意下さい。

その後、よくすすいで洗剤を洗い落とし、濡れた状態にしておきます。

 

 

黒い帽子にしたかったので、プレミアムダイ 12 velvet blackで染める事にしました。

染料を1袋、お塩250g、お湯6.5ℓで染めます。

ムラにならないよう、こまめに混ぜてください。

 

こちらが染め上がったものです。綺麗に黒く染まりました!

糸やステッチ部分はポリエステルのため染まらず、

カーキ色のまま残っていますが、良いアクセントになっています。

 

帽子の後ろにスチールの金具がついていますが、こちらは染まりません。

 

内側の部分です。綿のようになっているところは色がついていませんでした。

 

このように、染められる素材であれば他のお洋服のように

帽子も染める事ができます。

ただし、帽子に限った事ではありませんが、

汗をかくなどして湿った状態で強い摩擦が発生すると色移りしてしまいます。

染色後のすすぎが足りていないと余分な染料が残って

より色移りしやすくなってしまう事が考えられますので、

しっかり濯いで頂く様、ご注意下さい。

 

日傘、帽子を使用して、猛暑を乗り切りましょう!


スポンサーサイト

  • 2019.08.09 Friday
  • -
  • 13:46
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR