混紡のパンツの染色

こんにちは、本日は綿とポリエステル混紡の素材の染色についてご紹介します。

染めたものはこちらの白いパンツです。

 

素材は綿68%、ポリエステル38%、ポリウレタン2%です。

ダイロンの染料ではポリエステルやポリウレタンは染められないため、

混紡の場合は薄く染まったり、ポリエステルの部分は染まりません。

ちなみに、ポリウレタンが数%入っているお洋服は伸縮性のあるものです。

重さは485gでしたので、こちらをプレミアムダイ02 French Lavenderを2袋、

お塩500g、お湯13リットルを使用して染めます。

結果はこちら。プレミアムダイ 02 French Lavenderは元々淡めの紫色ですが、

混紡なので更に薄い染め上がりになりました。爽やかで綺麗な色合いです。

ちなみにポケットの部分に刺繍がありましたがこちらもほぼ色はついていません。

ステッチ部分はポリエステル製のものが多いので染まらないで残る場合が多いですが、

刺繍は刺繍糸が綿素材の場合が多いので、その場合は染まってしまいます。

今回のお洋服の刺繍も、もしかしたら多少染まっている可能性がありますが、

色が薄くてわからない位という事も考えられますね。

染まってほしくない刺繍がある場合はご注意下さい!


スポンサーサイト

  • 2019.07.18 Thursday
  • -
  • 17:21
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR