漂白剤が付着したものの染色

ブログをご覧の皆様こんにちは。

 

前回、漂白剤がついてしまったお洋服の染色についてご紹介しました。

このように、漂白剤が付着した部分は薄い染め上がりにしかなりません。

ここで多い質問が、「黒で濃く染めるとわかりにくくなりますか?」というものです。

というわけで、ダイロンマルチ 08 Ebony Black(2袋)を使用し染色を行いました。

元の色が影響して、やや青っぽい仕上がりです。

プレミアムダイ 26 Ocean Blueで染色をした時よりもわかりにくくなりましたが、

完璧に隠す事は出来ませんでした。

更に濃く染めたらどうなるか?と思い、今度はダイロンマルチ 08 Ebony Blackを

3袋使用し、重ね染めを行いました。

青みはあまり感じず、黒に近い仕上がりになりました。

漂白剤が付着した部分は大分わかりにくくなりました。

ただし、濃く染めても、漂白剤が付着していない部分と均一になる位

染める事は難しいと思われます。

 

広い範囲に付着した場合は隠す事は難しいですが、

お洋服の端の方についてしまった位であれば

黒で濃くに染めたり、重ね染めをする事で

多少目立たなく出来る可能性がありそうです。

素材によっても染まり具合は変わって参りますので、

あくまで応急処置程度にお考え下さい。

 


スポンサーサイト

  • 2018.12.12 Wednesday
  • -
  • 16:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR