混色について(09 Pagoda Red編)

ブログをご覧の皆様こんにちは。

本日は、ダイロンマルチでの混色についてご紹介させて頂きたいと思います。

 

ダイロンマルチは染料を少量使って薄く染めたり、

別の色と混ぜ合わせてオリジナルカラーを作るのに向いた染料です。

今回はマルチ 09 Pagoda Redを別の色と混ぜると

どういったカラーになるのか試してみました。

 

※綿100%の生地を、09の染料とそれぞれの染料を1:1の割合で混ぜ染めています。

※繊維の種類や使用量などで染め上がりは異なります。

※モニターやブラウザの環境により、画像と実物は色味が異なる場合もございます。

 あくまで目安としてお考え下さい。

 

・02 Golden Glow

 赤と黄色の組み合わせなので、オレンジ色になりました。

 1:1だと赤みが強いオレンジなので、09の量を調整しても良いかもしれません。

 

・ 28 Old Gold

 02を組み合わせた時と大差ありませんが、多少くすんだ色味になりました。

 

・34 Olive Green

 茶系の色になりました。マルチ 05 Habana Brownと似たカラーです。

 

・25 Emerald

 少し黄色に寄った色になり、くすんだ色合いになりました。

 

・22 Reindeer Beige

 09のみで染めた時とほぼ変わりませんでした。

 

・53 Desert Dust

 彩度が下がり、落ち着いた色合いの赤になりました。

 

・18 Madonna Blue

 赤みの強い紫になりました。

 

・15 Windsor Purple

 15だけで染めた時よりも深みを感じる紫になりました。

 

・08 Ebony Black

 真っ黒にはならず、少し赤みがあります。かなり濃い目の紫にも見えます。

 

いかがでしょうか?

あまり変化の無いものもありましたが、

組み合わせ次第で沢山の色味を作る事が出来ました。

更に染料の量を調整すれば、微妙な差を生み出すことも可能です。

マルチのラインナップで、お好みのカラーが見つからなかった方は

混色もご検討下さいませ。

偶然、素敵な色が生まれる事もあって楽しいですよき

 

別のカラーでもまた混色を試して改めてご紹介させて頂きたいと思います。

お楽しみに!

 


スポンサーサイト

  • 2017.08.10 Thursday
  • -
  • 11:17
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR