原毛の染め方 Part.2

原毛 染め

今回のダイロンブログはウールの原毛の染め方をご紹介します!
原毛とは毛糸などに加工する前の獣毛のわたのことです。
原毛から毛糸やフエルトに加工することが出来ます!

【用意するもの/原毛50gを染める場合】
・ウールの原毛(白):50g
・ダイロンマルチ:1袋(半分くらい使います)
・お酢:70cc
・80℃のお湯:約2〜3L
・染色をする容器(鍋など):1個
・染料を溶かす容器(ボウルなど):1個
・泡立て器(染料を溶かす際に使用)
・中性洗剤:少量
・ゴム手袋

↓今回は白のメリノウール50gをダイロンマルチ 12 Rose of Parisで染めます。
原毛 ダイロン

【作業時間】
約1時間30分(乾かす時間は含みません)

【難易度】
★★★☆☆

【染色方法】
1、染料のなじみを良くするため、中性洗剤を溶かしたお湯に原毛を約30分浸けます。
お湯の温度は40〜50℃くらいです。
すすぐ時は徐々にお湯の温度を上げていきます。

電球原毛は急な温度変化でフエルト化しやすいので、少しずつ温度を上げてください。
原毛 染色

2、ダイロンマルチ(染料)を溶かします。
ウールは染まりづらい繊維なので、少し多めに染料を使いました。
50gのものを染めるので、本来なら染料1gで良いのですが、
今回は2g使いました。溶かすお湯の量は200ccくらいです。

電球ダイロンマルチは1袋5〜5.8g入りです。


3、染色する容器(鍋など)にお酢70ccと80℃のお湯約2L入れます。
そこに2で溶かした染料液を入れ、混ぜ合わせます。
原毛は軽いですが容量があるので、お湯の量は少し多めになります。
全体が浸かるくらいのお湯をお使いください。


4、原毛を軽く絞ってから、染液に浸けます。
全体が浸かるように優しく混ぜてください。
約20〜40分浸けます。(好みの色になったら取り出してOKです)
原毛 ピンク

3、すすぎます。
すすぐ時も急に冷たいお水に浸けるのではなく、最初はぬるま湯ですすぎ、
徐々に温度を下げていってください。
原毛 染め

4、風通しの良いところで自然乾燥させます。
(絶対に洗濯機で脱水しないでください!)

5、完成です!
かわいらしい色に染まりました!
原毛 染色

電球原毛染色のポイント
・助剤としてお塩の代わりにお酢を使う。
 お酢を使うと、風合いが良く、少し濃く染まります。
・お湯の温度は徐々に上げる(下げる)。
 急な温度変化で縮みやすくなります。すすぎの時の温度に気をつけてください。
・少しずつ染める。
 一度に大量に染めるとムラになったり絡まりやすいので少しずつ染めましょう!



参考にしてみてくださいね!!次回もおたのしみに!

今回使った染料は→ダイロン マルチ
通販はこちら→オンラインショップ
最新情報は→twitterFacebook




 

スポンサーサイト

  • 2017.06.22 Thursday
  • -
  • 17:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR