スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.02.19 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

漂白剤の色抜けは染めたら直る?

「漂白剤で色が抜けてしまった部分は染めたら直りますか?」
というお問い合わせを多くいただきます。

お掃除している時に漂白剤が飛んで、お洋服の色が抜けてしまうことよくありますよね?
染色して直れば嬉しいのですが、実際直るのでしょうか…?

実際に黒い綿のTシャツに塩素系漂白剤を付けて色を抜き、その後染色してみました。
(染色前に洗濯しています)

▼マルチ 08 Ebony Blackで染色
うっすらと色抜けの箇所がわかります。
(左:染色前 右:染色後)



▼プレミアムダイ 12 Velvet Blackで染色
色抜けした茶色っぽさはなくなりましたが、シミのように目立ちます。

(左:染色前 右:染色後)

(※上記の画像は生地をスキャンしたものです)

↓明るい場所で見ると部分的に色が薄いのがよくわかります。


電球結論
染める前より目立たなくはなりますが、完全に均一な色にはなりませんでした。
塩素系漂白剤が付着した繊維は傷んでしまうため、染色しても染料と繊維が結びつきづらくなっています。
そのため、何回染めても、染料の濃度を濃くしても完全に直すことは不可能です。
水で薄めた漂白剤が少しだけ付いた程度の色抜けでしたら目立たなくなる可能性はありますが、
漂白剤の原液が豪快についたような場合は諦めた方が良さそうです。
また、シミ抜きや汚れを落とすために漂白剤を使用した際も繊維が傷みますので、その後染色した場合はその部分が薄くなります。


『目立たなくはなるけど、完全には直らない!』というのが結論でした!

染色やダイロン製品に関するご質問はこちらで受け付けております。
お問い合わせはこちら
お気軽にご相談ください!!

スポンサーサイト

  • 2020.02.19 Wednesday
  • -
  • 17:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR