カラーファンでスプレープリント Part.2

スプレー タイダイ

今回のダイロンブログはカラーファンの新しい使い方をご紹介します!
水に溶けやすいカラーファンの特徴を生かして、スプレーで吹き付けてプリントしてみたいと思います!

染料で染めるのとは違い、大量のお塩やお湯を使うことなくタイダイ風のカラフルなTシャツが簡単にできます。
タイダイやってみたいけど、ちょっと面倒くさそうだなあ…という方!
ぜひ挑戦してみてくださいね!!

〈用意するもの〉
・カラーファン:3色
・綿素材の白Tシャツ(薄手のものがおすすめです)
・スプレーボトル:3色(使う色数分)
・水:75mlくらい(お好みで調節してください)
・作業中、下に敷くもの(ポリ袋やビニールシート)
・アイロン
・アイロンの際の当て布

※今回はカラーファン01 Yellow06 Red08 Royal Blueを使いました。
※スプレーボトルは100円ショップで手に入ります。
※カラーファン3個でTシャツ約3〜5枚プリントすることができます。
 大きいTシャツや厚手のTシャツは3枚以下。
 (プリントする面積にもよりますので、目安とお考えください。)

〈制作手順〉
1、Tシャツを洗い、洗濯機で脱水します。乾かさずに濡れたままにしておきます。

2、カラーファンをお水で薄めてスプレーボトルに入れます。
カラーファンとお水が1:1の割合で薄めます。
ボトルを振って、よく混ぜ合わせてください。
電球淡い色にしたい場合はお水の量を増やしても大丈夫です。


3、机などが汚れないようにビニールを敷き、濡れた状態のTシャツを広げます。


4、端の方からくしゅくしゅとシワをよせていきます。


5、ボトルに入れたカラーファンを1色ずつスプレーしていきます。
スプレープリント

1色目をスプレーし終えたら一度Tシャツを広げ、白い部分が上にくるようにシワをよせ直します。
2色目をスプレーします。
spray print

同じ要領で3色目をスプレーします。
スプレー タイダイ

裏面も同じようにスプレーしてください。
spray dye

6、Tシャツを広げて乾かします。(ハンガーに吊るしても可)
スプレー染め

7、Tシャツが乾いたら当て布をしてアイロンをかけます。
熱処理することでカラーファンが生地に定着します。

8、完成です!
夏らしいカラフルなTシャツができました〜!!
スプレープリント

カラーファンは繊維に染み込むので、ゴワゴワした感じはほとんどありません。
スプレープリント

※注意点(必ずご確認ください)

・カラーファンは色止めする必要がありません。(熱処理で繊維に定着します)
 ただ、お洗濯を繰り返すうちに少しずつプリントが薄くなっていく場合があります。
 お洗濯の際は裏返しにして洗濯してください。
・お水で薄めて使用するので、原液で使用するより薄い色味になります。
・12 Whiteは他の色と液の硬さが違い、水に溶けにくいので、スプレーでのプリントには不向きです。
・22 Bronze、23 Silver、24 Goldは細かいラメの粒子が入っているので、
 スプレープリントには不向きです。(お洗濯や摩擦で落ちやすいため)
・化学繊維のもの、撥水加工のものにはスプレープリントできません。
 綿素材のもの(特にTシャツなどのカットソー)が最適です。
・カラーファンは濃い布地にはプリントできません。
 白地または淡色地の布地をご使用ください。
・水で薄めたカラーファンはできるだけ早く使い切ってください。

カラーファンは絵の具のように色を混ぜることができます。
オリジナルカラーが簡単に作れますのでお試しください!

3連休にぜひ挑戦してみてくださいね
ニコ
 
今回使用したのは→カラーファン
ご注文はこちら→ダイロンオンラインショップ
最新情報は→twitterFacebook



 

スポンサーサイト

  • 2017.12.07 Thursday
  • -
  • 17:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR