染料の選び方 〜綿・麻を染める場合〜

ダイロンの染料は現在「マルチ」「プレミアムダイ」2種類あります。
どの染料を選んだらいいのかわからない…というお問い合わせをよくいただくので
今回はそれぞれの特徴をご紹介します!

染料を選ぶとき、一番重要なのは“染めるものの繊維の種類”です!
お洋服に付いている品質表示タグを必ずご確認ください。

マルチの方が染めることができる繊維の種類が多いです。
プレミアムダイは天然繊維用の染料とお考えください。

綿や麻はどちらの染料でもよく染まります。
綿や麻を染める場合、どちらの染料を選んだらよいでしょうか?
それぞれの特徴をご紹介します!
↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓

◎染色温度は?
マルチは80℃の高温のお湯、プレミアムダイは40℃のお湯を使います。
マルチを使う際はお湯を沸かす必要があるので、ジーンズやジャケットなど
大きなものを染める際はとても大変です。
プレミアムダイは給湯器からのお湯で染色できますので、プレミアムダイの方が手軽ですね。

◎しっかり染まるのは?
どちらの染料も染め上がりの色はほとんど変わりません。
鮮やかな色味がお好みの場合はプレミアムダイがオススメです。
落ち着いた深みのある色味がお好みの場合はマルチがオススメです。

◎色持ちがいいのは?
色持ちが良いのはプレミアムダイになります。
お洗濯での色落ちが少なく、日焼けにも強いです。
Tシャツなど、頻繁にお洗濯するようなものはプレミアムダイがオススメです。

◎染料を混ぜてオリジナルカラーが作れるのは?
混色したい場合はマルチをお使いください。
マルチの染料は少しずつ取り出して使うことができます。
お好きな分量で混ぜてオリジナルカラーが作れます。
例)マルチの赤+マルチの青→紫
また、淡く染めたい場合は染料の量を減らして染めることができます。
プレミアムダイは1袋に染料と定着剤が入っているため、少量ずつ取り出して使うことが出来ません。
(少量ずつ使うと染料と定着剤のバランスが崩れ、染め上がりに影響が出るため)
1袋:1袋で混ぜることは可能ですが、鮮やかな色には染まらない場合がありますのでご注意ください。

◎溶かした染液をとっておけるのは?
マルチは温めなおすことで再度使うことが可能です。(お水が腐らない限り)
ただ、一度使った染液は染料が繊維に吸われてしまっているので、
新たに染料を足す必要があります。
プレミアムダイは一度作った染液は再度使うことは出来ません。
染料を溶かしたらすぐに使ってください。

◎使うお塩の量は?
マルチは1袋に対して30g(大さじ2杯)
プレミアムダイは1袋に対して250g(1カップ強)必要です。
プレミアムダイは染めるものと同じ重さのお塩が必要になります。

◎黒の色の違いは?
マルチは08 Ebony Black、プレミアムダイは12 Velvet Blackが黒になります。
マルチ 08 Ebony Blackはスミクロのような黒になります。
染料の量を減らして使うとグレーを作ることができます。
プレミアムダイ 12 Velvet Blackは少し青みがある黒になります。


◎黒や濃色に染める時の染料の量は?
マルチは通常1袋で繊維250gが染まりますが、黒及び濃色の染料を使う場合、
2倍量の染料が必要になります。
(濃色…Ebony Black、Navy、Deep Blue、Coffee、Jungle Green)
プレミアムダイは黒や濃色でも2倍量使う必要はありません。

◎色数は?
マルチは現在22色、プレミアムダイは現在15色です。

ダイロンマルチ

ダイロンプレミアムダイ

*どんな色に染めたいか
*ご自宅での染色環境

この2点をお考えの上、適した染料をお選びくださいね!


次回もお楽しみにー!


ご購入はこちらから→ダイロンオンラインショップ
最新情報は→twitterFacebook

 

スポンサーサイト

  • 2017.09.22 Friday
  • -
  • 17:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR