DIY!!TPU製スマホケース Part.2

dyed iPhone case

今回はTPU製のスマホケースの染色方法をご紹介します!
TPUとは…熱可塑性ポリウレタンというプラスチックの一種です。
シリコンよりも固く、スマートフォンのケースによく使われている素材になります。

染める前のケースです。
iPhoneケース TPU

半透明です。
iPhoneケース DIY

一部のプラスチック類が染まるダイロンマルチで染色します!
12 Rose of Paris15 Windsor Purpleです。
ダイロンマルチ

〈用意するもの〉
・ダイロンマルチ2色(各1gずつ使います)
・70℃くらいのお湯 
・染色をする容器(ボウルなど)
・泡立て器(染料を溶かす際に使用)
・ゴム手袋

※今回塩は使いません。
※残ったマルチの染粉は密封して湿気のない場所で保管して下さい。
※作業中はゴム手袋を着用して下さい。
※染色前にスマホケースは洗って汚れを落として下さい。


〈染色方法〉
電球今回は最初に12 Rose of Parisで半分染めた後、15 Windsor Purpleで残り半分を染めます。

1、染料を用意します。
マルチ1gをボウルに入れます。(マルチは1袋 約5g入りです。)


2、約500ml〜1リットルのお湯で溶かします。
お湯の温度が高温だとケースが変形する可能性があるので、70℃くらいの温度にしました。


3、ケースを半分だけ浸けます。
ずっと同じ位置で浸け置きすると境目がくっきり出てしまうので、時々上下左右に動かして浸けて下さい。
好みの色になるまで浸けます。(今回は約30分浸けました。)
Rose of Paris

4、お水ですすぎます。


下半分がピンクに染まりました!
iPhoneケース TPU

5、同じ方法で残りの半分も染めます。


電球ずっと手で持って浸けるのは大変なので、紐を使って固定すると楽ですよ!
工夫

6、キレイに2色で染まりました!
↓iPhone5に装着するとこんな感じです。グラデーションみたいでキレイですね。
素材自体を染めているので、透明感はそのままです。
iPhoneケース 染め

マルチは全22色です。色んな色の組み合わせが出来ますね!
ぜひオリジナルカラーのスマホケースを作ってみて下さいねーnina
DYLON MULTI

今回使った染料は→ダイロン マルチ
通販はこちら→オンラインショップ
最新情報は→ダイロンtwitter

次回もお楽しみにー
花

スポンサーサイト

  • 2017.06.22 Thursday
  • -
  • 17:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR