黒染料特集 赤ジャケットをシックにトーンダウン

昨日からすっごく寒くないですか??

これが本当の冬ですね。。。実感しました。

みなさん風邪などひかないように防寒してくださいね。

 今月は黒染料特集と題しておおくりします

さて本日のブログは、近頃着てない・・・派手なジャケットなんとかならないかな・・・というお悩みに黒の染料で解決いたします。

年末の大掃除でも、捨てるにも捨てられない、思い出がたくさん詰まった洋服がたくさん発見されたのではないでしょうか??
ありますよね

そんな方必見です。

染色によるカラーチェンジで一番重要なのはお洋服の素材です。

繊維の種類によって染料を選んで使用しましょう

今回お悩みのお洋服1つめはこちら

ウール80%、アクリル20%の赤のチェックのジャケット

形はシンプルなのに、色味が赤。派手で目立ってしまうので、少し落ち着いた印象にしたい。


 

→トーンダウンするにはマルチの08 Ebony Black がお勧めです。

アクリルの20%にはお色がはいりませんので、ウール80%の部分にのみお色が入ります。

ウールは油分を含んでいるので綿や麻などの繊維を染色する時に比べて淡いお仕上がりになります。(繊維の性質上、完全に黒にすることはできません)

 

*お色の濃さ重視の方は、マルチ(お湯染め)を使用していただくとお色の入りが濃いです。

裏技として、お塩の代わりにお酢(350cc)を入れて頂くとお色の入りがよいのでお勧めです。

繊維のダメージを極力避けたい方は、コールド(お水染め)を使用していただくと色の入り方はかなり淡いですが、繊維のダメージは一番少ないです。コールドに付いているFIXと、お塩の代わりにお酢(350cc)を入れて染色してくださいね。

繊維によっても縮みも異なりますので、参考までにお考えください。


準備をしていきましょう

染色を始める前に、重さを量り、染料の量を出します。
こちらのジャケットは450gでした。黒は1缶で約125gの繊維を染めることができます。→450÷125=3.6なので4缶使用します。

 

おしゃれ着洗いの中性洗剤でお洗濯して、濡れた状態のままに
しておきます。洗剤が残っているとムラの原因になりますご注意ください。

次回は写真つきの染色の様子と、結果をお伝えしまーす

ダイロンブログ次回もお楽しみに 


スポンサーサイト

  • 2019.12.05 Thursday
  • -
  • 17:37
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR