スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.02.19 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

インテリア特集 ランチョンマット 染色編 パート2

みなさんこんにちは。

本日は前回から引き続きインテリア特集と題して実際にシミがついて使わなくなってしまったランチョンマットの染色に挑戦です。

今回は新発売プレミアムダイ 03 Tropical Greenを使用します。
本来、シミをカバーするには濃いお色での染色をお勧めしておりますが、
淡いお色の染料でどのくらいのシミのカバー力があるのか、実験がてら染色してみます。

1.まず最初に染めるものは洗って汚れやノリを取り除き、濡れた状態にしておきます。染料1袋をボールに入れ、500mlのお湯(40℃)でよく溶かします。

 

 

2.塩250gをバケツに入れ6ℓのお湯(40℃)に溶かし染料を良く入れよく混ぜます。

 

 
 

3.染めるものを広げて入れ、15分間しっかりまぜまぜます。



 

4.ムラにならないように時々かきまぜながら45分間浸け置きます。

水洗いしてよくすすぎ、脱水後。陰干しします。

 

5.完成。少し、薄ら茶色いシミが見えますが目立たなくなったものや、シミが濃くなってしまったものもありました。


(全体的にシミが目立たなくなりましたが。。。)

(ものによって、油シミがついていた部分が濃くお色が浮かびあがってきている部分もありました。)

(上の写真シミの部分を拡大)

 

レトロな雰囲気を保ちたいのでこのままで完成とします。

シミの程度にもよりますが、完全にシミを目立たなくするのは、濃いお色での染色がやはりお勧めです。

お茶のシミや醤油などの水性のシミは比較的染色で消えることが多いですが、

油性のシミは染色することで濃く出てくることがありますので、ご注意ください。

油性のシミを目立たせなくするために、ムラ染めもお勧めです。
 

 
 

次回は、引き続きランチョンマットのストライプ・ムラ染めをご紹介いたします。
お楽しみに。


スポンサーサイト

  • 2020.02.19 Wednesday
  • -
  • 17:48
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR