赤ウールのセーターの染色 Part,2

寒いのはもう慣れたような気がするのですが、最近空気の乾燥を実感しています
みなさんはどうですか??

気がつくと喉が少し痛かったり、唇がカサカサになっていることありませんか??

加湿器もつけているのにこんなに乾燥するなんて、今までなかったなーと思う今日このごろです。

さて、本日前回からのつづきウールセーターの染色していきましょうね。
*染色はお湯やお水に通す工程がございますので、縮むことが考えられます。

1、染色前に衣類用の中性洗剤で洗っておきましょう。濡れたままにしておきます。

極端な温度変化で縮みがおこりやすくなりますので、お湯にならしてあげるために、すすぎは
1、ぬるま湯(20度〜30度)
2、中温(40度〜50度)
3、熱めのお湯(60度〜70度)
1〜3の順で行ってください。




2、ゴム手袋をします。
約70度位のお湯を約6ℓと、お酢約350mlとまぜます。



3、染料08Ebony Blackを2缶を70度位のお湯約500mlで泡だて器で溶かし、
溶かした染料を2に合わせて混ぜます。



4、染液ができたら、洗ってある濡れているセーターを入れ、染液とよくなじませます。



5、時々やさしくなじませながら約40分間漬け置きます。



6、染色時間が過ぎたら、余分な染料を洗い流します。
水が透明に近づくくらいまですすぎます。



7、洗濯機で脱水してから、色移りしてもいいタオルの上にセーターをのせ
乾かします。



8、8割位乾いたらハンガーで乾かします。
完成です!!
(染色後:縦52cm 横39.5cm)このセーターの場合、縦が1センチ縮みました。


トーンダウンできましたー。

↓ 染色前 (縦53cm 横39.5cm)


染色前からの派手さがなくなりましたね

そのあと、縮みを覚悟して、もう一度同じ染料の量で染めてみました。
(縦51.5cm、横39.5cm)縦にさらに縮みがでました。


1回目に染色した時よりも少し暗くなり、ボルドーのいい色になりましたー。
もう着れないかもと思っていたのですが、これから活躍しそうです

次回もお楽しみにー!!

 


スポンサーサイト

  • 2019.08.09 Friday
  • -
  • 17:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR