赤ウールのセーターの染色

 昨日は今年一番の寒さでしたね

風もすごくて、夜ビュービュー聞こえました。
風が強いと体感温度も一層寒く感じますね

まだ春は当分やってこないので、冬やっぱり大活躍なニットの染色のご紹介をしていきたいと思います。

先日クローゼットの中に赤いウールのニットを発見

赤なので、もう着る機会がないかもと思っていたのですが、染色!!とひらめいて今回はこれを染色してみようと思います。

↓赤のウールニット


赤は染色しても染色後に色が影響し易いです。
綿や麻などの染色し易い繊維でも黒で染色しても真っ黒にはならないし。

しかもウールは油分を含む繊維の為に染色しても、薄い染め上がりになります。
でもマルチの08Ebony Blackで染色すると、トーンダウンは期待できるので、
真っ赤を脱することができれば!!と思い今回染色してみようとおもいます。
(お水やお湯に通しますので、縮みがおこります。)

STEP1、まず染めるものの重さをはかりましょうね。


STEP2、染料の量をだします。

染めるものの重さが193グラム。
目安の染料の量は193÷125グラム(黒の場合には1缶で約125グラムの繊維を染めることができます)=1.544缶(目安の染料の缶の量)

↓今回はマルチ(お湯染め)08Ebony Black 2缶で染色していきます。


今日はここまで。次回は実際に染めていきますよ
寒い毎日ですが、風邪など引かぬようご注意くださいね。

よい週末を

 

スポンサーサイト

  • 2019.12.05 Thursday
  • -
  • 17:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR