ダイロンマルチでグレーを作るには?

ダイロン グレー


前回に引き続き、ダイロンマルチの色についてご紹介します!
ダイロンの染料にはグレーが2種類ありますが、どちらも個性的なグレーです。


マルチ 21 Elephant Greyは紫っぽいグレー、
プレミアムダイ 80 Antique Greyは緑っぽいグレーです。

(現在#80 Antique Greyは廃番となっております。)

ダイロンマルチ 08 Ebony Blackはスミクロなので、薄くして使うとグレーになります。
薄くしたい時は、染料の量を規定量より少なく使用します。

例えば…
染めるものが125gのTシャツだった場合、黒く染めたい場合はマルチ1袋全部を使いますが
1袋の半分だけを使って染めると、グレーになります。
色の濃さはマルチの分量によって変わるので、お好みの濃さのグレーを作ることができます!
(マルチ 08 Ebony Blackは濃色なので1袋で125gまでの繊維が染まります)


96gの綿の白いTシャツをグレーにしたい場合…


(マルチ Ebony Blackは1袋5,8g入りなので…)
繊維125g:マルチ1袋5,8g=染めたい繊維96g:x
x=4.4g(←黒く染めたい時の規定量)

これを50%の濃度で染めたい場合は、
4,4×0,5=2,2gの染料が必要という計算になります。
このときお湯の量は染料に応じて減らす必要はありません。

濃度50%で染めた白Tシャツがこちらです↓
注意染める繊維の種類や厚さ、染まりやすさ、元の色などによって染め上がりは異なります。
ダイロン グレー


注意縫製に使われている糸はほとんどの場合がポリエステルのため、染まりません。
糸 染まらない


参考にしてみてくださいねー!


今回使った染料は→ダイロン マルチ
通販はこちら→オンラインショップ
最新情報は→twitterFacebook


 

グレーの濃淡実験

残念ながらダイロンマルチ、コールドともにグレーは廃盤となってしまいました。
プレミアムダイのアンティークグレーは緑系のグレーなので、
一般的なグレーの色味はマルチ08 Ebony Black(炭黒)の濃さを調節することで作ることができます。

今回はマルチ08 Ebony Blackでグレーを作る実験をしましたのでご覧ください!

使用した生地は綿100%の薄手の白生地です。

まず、規定量の5分の1(20%)の量で染めた生地です。
DYLON GRAY

続いて規定量の5分の2(40%)の量です。
DYLON GREY

規定量の5分の3(60%)の量です。
DYLON Ebony Black

規定量の5分の4(80%)の量です。
ダイロン グレー

規定量(100%)です。
ダイロン エボニーブラック

規定量の1,2倍(120%)の量です。
ダイロン ブラック

規定量の1,5倍(150%)です。真っ黒です。
ダイロン 灰色

全て並べると…
ダイロン グレー

染める生地の素材や厚さ、織り方などで染め上がりは多少異なりますが、
参考にしてみてくださいね!

今回使用したのは→ダイロンマルチ
HPからご注文承っております→ダイロンHP

次回もお楽しみに!
よい週末をー

1

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR