革の染色実験−スカート編−

前回に引き続き、革の染色実験です
レザー製品の染色をお考えの方は必見です!
今回はこちらのレザースカートを染色してみます。
革 染色
 
表面は少し毛羽立ちがあり、柔らかくて薄い革です。
レザー 染色
表地は牛革、裏地はナイロン100%です。
革 染める
 
スカートの重さは314gです。
マルチ19 Deep Blueで染色しました!
ダイロン 革
 
染色したものがこちらです!!
ダイロン レザー
 
!!!!!
なんと!信じられないくらい縮みました
縮みすぎて裏地が見えています…。
ちなみに色はかなり濃く入りました。
少しだけ固くなり、表面が波打っています。
ダイロン 革
 
裏地(ナイロン)も良く染まりました。
DYLON 革
 
染色前と染色後のサイズの比較です。
丈:染色前 52cm → 染色後 45cm(-7cm)
ウエスト:染色前 64cm → 染色後 55cm(-9cm)
 
このような結果から、縫製されたレザー製品の染色はお勧め致しません!
染めるものも染料も台無しにしてしまいます。
失敗のない染色にお役立て下さいね!
次回もお楽しみに

革の染色実験

今回はお問い合わせの多い『革』の染色についてご紹介します
 
ダイロンの染料は主に綿や麻などの繊維を染めるのに適した染料ですが
革を染めるとどうなるのか、実験してみたいと思います。
 
使用するのは牛革3種類です。
 
◇革1
厚さ1mmの柔らかい革。(タンロー)
↓左が裏、右が表。
レザー 染色
 
◇革2
厚さ2mmの非常に固い革。表面にツヤがあります。
↓左が裏、右が表。
革 染色
 
◇革3
厚さ2mmの少し固い革。表面がツルツルしています。
↓左が裏、右が表。
革 染める
 
以上の3種類の革をマルチ、プレミアムダイでそれぞれ染色します。
染料の量は生地を染色する際と同じ量です。
 
〈結果〉
◆マルチ 08 Ebony Black
(左:革1 右上:革2 右下:革3)
革1、革2のみ染まりましたが、少し薄い染め上がりです。
縮みはほぼありませんでした。
少しだけ固くなりました。
 

◆マルチ 09 Pagoda Red
(左:革1 右上:革2 右下:革3)
革1、革2のみ染まりましたが、少し薄い染め上がりです。
縮みはほぼありませんでした。
少しだけ固くなりました。
レザー 染色
 
 
◆プレミアムダイ 12 Velvet Black
(左:革1 右上:革2 右下:革3)
革1、革2のみ染まりました。真っ黒に近い黒です。
縮みは革1が縦横ともに-2mm縮みました。
かなり固くなり、端が沿ってヒビが入りそうな感じです。
レザー 染料
 
 
◆プレミアムダイ 36 Turip Red
(左:革1 右上:革2 右下:革3)
革1、革2のみ染まりました。かなり濃く色が入り、黒ずんだ感じになりました。
縮みは革1が縦横ともに-5mm縮みました。
かなり固くなり、端が沿ってヒビが入りそうな感じです。
革 染料
 
続いて、雨に濡れた時などの衣類への色移りを想定して
染めた革を濡らして白い生地に押し当ててみました。
プレミアムダイはこのように色移りが激しくありました。
マルチは色移りはありませんでした。
レザー 染める
 
以上の結果から…
濃く染まるのは→プレミアムダイ
縮みが少ないのは→マルチ
固くならないのは→マルチ
色移りが少ないのは→マルチ
 
このような結果となりました
 
革の染色はあまりお勧め出来ませんが、どうしても染めたい!という場合は参考にしてみてください。
 
それでは次回もお楽しみに

1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR