重ね染め特集 カーゴパンツ編 Part.2

今朝、雨がすごかったですよね。
風が少し激しいがしますが、だんだんお天気回復してきました
今週末は晴天だといいですね

先週も寒かったので、ゆっくりお家で体を休めるの方も多いのではないでしょうか染色する際は、ダイロンブログを参考にしてみてくださいね。

さて、今回染色するのはこちら↓



テンセル100%のカーゴパンツ(テンセルはレーヨンと同じく再生繊維です。マルチ・コールド・プレミアムダイで染色可能です)

少しだけ色を濃い目にしてニュアンスを変えたいです

今回は実験的にプレミアムダイ80Antique Grey 1袋で染色していきます

(現在#80 Antique Greyは廃番となっております。)
どんな風に染色できるか楽しみです



乾いた状態で重さを量り(パンツ307g)、さあ、染色していきましょー

まず、衣類用の中性洗剤でお洗濯して濡れた状態にしておきます

1、染料1袋を500mlのお湯(40℃)でよく溶かします。







2、塩250グラムを6ℓのお湯(40℃)に溶かし染料を入れよく混ぜます。





3、染めるものを広げて入れ、15分間しっかり混ぜます。





4、ムラにならないよう時々かきまぜながら45分間浸け置きます。



5、水洗いしてよくすすぎ、脱水後、陰干しします。

6、出来上がりました



元のお色を生かしながらもパンツの色が濃くなった感じで染色できましたー!!


薄い色+薄い色を重ねることで、ニュアンスチェンジができるなんて嬉しいですよね


今回はパンツの重さが307g。
プレミアムダイ1袋で染色できる繊維の量は250gなので、
少し重さが目安よりオーバーですが、薄い色をつけたい程度なので大丈夫です

使用したお湯の量も通常は6.5ℓのところ8ℓ使用して染色したことで、通常のグレーよりも薄く染色できた為、このような結果になったと考えられます。

 

漂白剤などの色抜けの際の染色には、
いつも通り現在のお色よりも少し濃い目の色の染料で染色した方がカバーされる効果が高いです。

又、元から紺や黒などの濃色の場合で、色を補いたい為の染色は、
紺色なら紺、黒なら黒色の染料での染色がお勧めです。


たまには、実験的な染色も楽しいですよねー
時間がある時に、ぜひ染色してみてくださいねー。


重ね染め特集 カーゴパンツ編

先週末から東京でも雪がすごかったですよねー


週末は連休でしたが、のんびりできましたか??

 

私は、温泉に行きたかったのですが
予約など時間が足りなくて、結局都心のSPAに行ってきましたー。


池袋にあるTimes SPA RESTA です露天風呂がよかったですよ。

近場でこんなすっきりした気分になれるなんて、しばらく癖になりそうです

 

私は女性風呂のことしかわかりませんが、男性のお客さんもフロントでたくさんお見かけしましたよ。
きっとここのSPAは男性にも人気なスポットなのですね

 

 

さて、今月のダイロンブログは、重ね染め特集をお送りしています。

今日は、すっかり定番アイテムとなったカーゴパンツの染め変えをお伝えしていきます。


これです↓繊維はテンセル100% 

 

なんだかこのパンツ、生地も薄いせいか色もかなり淡くて、
夏のみの使用になっています。


もう少し濃い色になればもっと履ける機会も増えるのにーというのが悩みです。


あんまり色味は変えたくないけど、もう少し濃い目の色にしたいと思います

 

 

普段なら明るめのカーキ色を作るのに、マルチ34 Olive Greenとマルチ07 Coffee を混色して染色していますが、
今回はプレミアムダイ80 Antique Grey で染色してみます。

(現在#80 Antique Greyは廃番となっております。)


予想は、少しトーンダウンの効果と、染料をパンツの重さの目安の量よりも少量使用することで、もとの色よりも少し濃い目の色になるかな。という感じです。


次回、実際に染色してみますーお楽しみにしてくださいね。


1

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR