ダイロンで色々な絞り染めに挑戦!

今回は色々な絞り染めの技法をご紹介します!

絞り染めとは…
布の一部を縛ったり挟んだりして圧力をかけ、染料が染み込まないようにすることで模様を作り出す模様染めの技法です。


春や夏は幼稚園や学校の行事で絞り染めをすることが多いようです。
今回はお子様でもできる基本的で簡単な技法をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね!!

①ビー玉を使った絞り
ビー玉を中に入れて輪ゴムできつく縛ります。


輪ゴムで縛った部分が白く防染されて柄になります。


②輪ゴムで巻き上げ
生地をつまんで輪ゴムで巻き上げます。


輪ゴムの跡が線になります。


③輪ゴムで縛るだけ
生地を束ねて輪ゴムできつく縛ります。


ボーダーのような一直線の線になります。
輪ゴムの太さを変えると線の幅も変わります。


④まるめて縛る
生地を縦にびょうぶ畳みにして、端から丸めます。
中央を輪ゴムで固定して半分だけ染めます。


下半分だけを染液に浸けて染めます。



下から染料がしみてきて、グラデーションのようになります。


⑤クリップではさむ
生地を折り畳んで、目玉クリップではさみます。



クリップではさまれていた部分が防染されて、矢印のような模様になりました。



⑥板締め絞り
生地を折り畳み、木の板ではさみます。


板で挟まれていた部分が防染されます。規則的な柄になります。


今回は比較的簡単な6種類の絞り染めをご紹介しました。
ぜひ挑戦してみてくださいね!!


ご購入はこちらから→ダイロンオンラインショップ
最新情報は→ダイロンtwitter

次回もお楽しみに!!
 

1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR