蛍光ピンクの服を落ち着いた色へ染め替え

今回は服の染め替えのご紹介です!

蛍光色の服を落ちついた色へ染め替えたいというお問い合わせを多くいただきます。
今回は蛍光ピンクのカットソーを落ちついた同系色へ染め変える方法をご紹介します。

染めるのはこちらの蛍光ピンクのタンクトップです。
素材はレーヨン100%です。



重さは108gです。


マルチ  44 Ceriseで濃いピンクに染め替えたいと思います!


〈準備するもの/染めるものの重さ108gの場合〉
・ダイロンマルチ 44 Cerise 1袋の半分
・お塩 大さじ1杯
・染色をする容器(鍋やバケツ)
・染料を溶かす容器(ボウルなど)
・泡立て器(染料、お塩を溶かす際に使用)
・約80℃のお湯 3〜4リットルくらい
・ゴム手袋
*色止めをする場合はカラーストップをご用意下さい。
(頻繁にお洗濯をするものは色止めすることをお勧め致します。)

※作業中は必ずゴム手袋を着用して下さい。
※熱湯の取り扱いにご注意下さい。
※染めるものは洗って汚れやノリを落とし、濡れたままにしておきます。

〈染色方法〉
1、染料を溶かします。
ボウルにマルチ1袋の半分を入れ、熱湯(300mlくらい)で溶かします。
泡立て器を使い、溶け残りのないよう、しっかり混ぜて下さい。




2、染料液を作ります。
染色をする容器に3リットルの熱湯(約80℃)を注ぎ、塩大さじ1杯と1の溶液を入れてよく混ぜます。




3、染めるものを浸けます。
染めるものを広げて入れ、20分もみ洗いをするようにしっかり混ぜます。
熱い場合は、はし等を使って混ぜて下さい。


4、20分、浸け置きします。ムラにならないようにときどき混ぜます。
合計で40分間の染色時間になります。

5、お水でよくすすぎます。何回かお水を入れ替えてすすいで下さい。


6、カラーストップで色止めします。
容器に服が浸かる量のお湯(40〜60℃)を入れ、カラーストップを入れ、混ぜます。
15分間浸け置きします。


7、再びお水ですすぎます。


8、脱水し、陰干ししたら完成です!


濃い(赤に近い)ピンクになりました。


縫製の糸はポリエステル製なので染まりませんでしたが、同系色なのであまり気になりません。


同系色への染め替えは元の色の影響があまり出ないので、「想像と違う仕上がりになったがっかり」ということが少ないと思います。

是非挑戦してみて下さいね!!

※撥水加工のある生地(ナイロンなど)は染まりませんのでご注意ください。

今回使った染料は→ダイロン マルチ
色止めには→カラーストップ
通販はこちら→オンラインショップ
最新情報は→ダイロンtwitter

1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR